2017年2月21日火曜日

春休みのチャレンジは「しまなみ海道サイクリングキャンプ」募集開始。

サイクリストの聖地
四国・本州間8つの島々
自転車で訪ね渡るキャンプ。
お申込者に資料を予めお送りします。

【本キャンプの特長】
1. テント泊・自炊のキャンプ。
 (急な悪天は民宿などを緊急避難的に使います。)
2. 個性的な島々を自転車で渡ります。
3. 大景観に恵まれた人力移動キャンプ。

'17 326(日)夜 〜 30(木)朝  
夜発4泊5日(バス中2泊+テント2泊/共同で利用)
全日ともに悪天予報の時は中止

定 員:6~8名(最少催行人数4名)
あと6名様承れます(2/24)
対 象
新小4くらいから大人まで次の2項を満たす方。
1. 荷を背負って自転車に乗れる。
2. 交通法規を守って良識ある運転ができる。
新小4のお子さん以上はひとり参加できます。
新小3のお子さんは保護者同伴です。
参加費
38,000円/人
(チーター割適用は33,000円)
 (自炊と行動食全11食と保険込)
交通費、レンタサイクル代別途実費。
ご参考:
渋谷→今治 東急バス中学生以上12,000円/小学生半額。
尾道→倉敷 JR中学生以上1,140円/小学生半額。
倉敷→東京 両備バス中学生以上6,200円/小学生5,250円。
バスは往復ともに安心の定期運行バスです。
レンタサイクル代(3日間・乗り捨て)
中学生以上4,000円・小学生1,400円

集 合:3/26(日)
 渋谷マークシティ5階高速バス待合所20:00
 乗車は20:20。集合時間を厳守ください。
【交通ご参考 】
井の頭線・JR山手線渋谷駅からマークシティ内へ。

解 散:3/30(木)
 東京駅八重洲口06:30予定

※往復の交通機関が逆になる可能性あり。 
予めご了承ください。
 (バス予約の都合による。)
活動予定:(時間は参考)
3/26
 20:00 渋谷駅マークシティ5階バス待合所集合。
 20:20 今治駅に向けて出発。
3/27 
 8時半〜9時 今治駅着。
 自転車を借りてサイクリング開始。
 大島または伯方島でキャンプ
3/28
 終日サイクリング
 因島または向島でキャンプ 06:3
3/29
 尾道で自転車を返してサイクリング終了
 20:30 倉敷駅北口からバス乗車
3/30
 06:30 東京駅八重洲口着、解散

活動の目的:
・春休みを活用した移動型キャンプを体験。


活動地:愛媛県今治市〜広島県尾道市
 サイクリング距離70km〜。

お申込ページはこちら

島のキャンプ地の一例。
ツライ坂もあるけど、景色は抜群。
毎日が絵はがきの中にいるようです。
持ち物:お申込者に詳細ご連絡します。
幕営用具を軽くしあげるのが持ち物選択のポイントです。
凡例:必携。あれば便利。常備品として携行を推奨
ザック以下のものが全部入ってなお余裕がある大きさ。(40Lくらい)
雨具ゴアテックスなど防水透湿素材のものを推奨。
100円雨合羽でもいいけど破れやすいから2セット用意。
ときには軽量な折りたたみ傘もあると便利。
防寒具軽いダウンジャケットやフリースなど。
ジッパーですぐ脱ぎ着できるもの。
寝袋ふだん使わないならレンタル。 → こちら
銀マットか
エアマット
必携。
手袋軍手でもOK。
サンダルあれば楽。
ヘルメット頭部保護に。
あたたかい上着ジッパーやボタンで素早く脱着できるフリースや薄いダウンジャケットなど。
下着・中間着コットンが入った素材は極力避ける。
詳しくはこちら
しっかりした靴靴底が摩耗していなければ普段靴でもOK。
食器セット熱いものでもやけどせず、さめにくい樹脂製を推奨。
皿・椀・コップ・はし・スプーン各1。
トイレットペーパー食器拭きやティッシュ代わりなど。
タオル手ぬぐい大1、ハンドタオル1あると便利。
レジャーシート必携。
27日の朝食おにぎりやサンドイッチなど。
腐敗に気をつけて! 
行動食27日分ビスケットやチョコレートなど。
詳しくはこちら
飲み物500MLペットボトル1本以上。
中身は水を勧めます。
洗濯バサミ2個くらい。タオルや水着を干すのに便利。
ビニール袋ジップロック大2枚以上、半透明の45L以上のゴミ袋2枚。
貴重品のぬれ対策やテント内での私物管理に。
常用薬と絆創膏2枚
ライター
ヘッドライトたとえば… →こちら 
単3電池1本で取り扱いやすく費用対効果が高い。
予備電池を最低2セットは持ってくる。
方位磁石
地図主催者が用意します。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
保険証(コピー)お薬手帳ある方はそのコピーもぜひ。


主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス
03-3785-4617

現在募集中の活動はこちら

2017年2月6日月曜日

子どもと一緒に手作り「親子で作るお花見団子」募集開始。



2017 地球野外塾 × 生活クラブ東京共催事業
お団子ぼた餅こーろころ。
イチから手作りする2種の和菓子。
親子で丸める楽しさとうれしさ。
ご家族ごとに作るから覚えられる!
お昼には採れたて野菜の団子汁を作りましょう。
梅が咲いていたらプチお花見も、ね。

'17 312(日)
あと1家族様承れます(2/7)
あと3家族様承れます(2/10)
→ご好評に応えて定員増しました。
日帰り 悪天時も屋内で実施。 

活動地:あきる野市・協同村 
対 象: 年長さんくらいから大人までどなたでも。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
 小学4年生以上はおひとり参加できます。
定 員:10〜15名様(6 8家族様)。
 最少催行人数8名様。最少催行人数クリア
参加費4,400円/人(保険・食材費込)+下記施設利用料。
→温まる汁物の準備をします。

  施設利用料:
※交通費別途実費
  ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料

お申込ページはこちら

集 合: JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
または
協同村に直接9:20
(駐車場あります。300円/台)

交通ご参考(武蔵五日市駅集合の場合):
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら
解 散:JR武蔵五日市駅16時半頃(予定)。 
 または協同村16時頃(予定)。
活動の目的: 昔ながらの家庭的な和菓子を手作りする   
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
デイパックなど以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
暖かい衣服
エプロンあれば便利。
すりこぎ、すり鉢あれば便利。(100円ショップものでだいじょうぶ。)
タオルやハンディタオル
飲み物500MLペットボトル1本。
軽食ビスケットや飴など小腹が空いたとき用程度。
昼食には採れたて野菜の団子汁を作ります。

共 催:NPO法人地球野外塾 × 生活クラブ東京
お問い合わせはお電話03-3785-4617

2017年2月5日日曜日

親子で行ける「奥多摩・氷瀑探訪ハイク」募集開始。

厳冬の自然を訪ね歩く。
今週内は気温が下がる予報に期待して
凍った百尋の滝を目指します。
どれくらいまで凍るかは天気次第。

'17 212(日) 
日帰り 悪天のときは中止。
定 員:8〜12名様(最少催行人数4名)。
あと2名様承れます/8名定員(2/9)
ご参加者8名まで要員2名。
8名を超えたら要員1名増。
対 象
かんたんな安全説明を理解できる小学生くらいから大人までどなたでも。
小3以下のお子さんは保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
当日履いていく靴に合う軽アイゼンの携行が必須です。
アイゼンはご自身の靴にぴったり合うことが大切ですので貸出は致しません。
悪しからずご了承ください。
ご購入に関してはお気軽にご相談ください。

参加費:5,000円/人 (保険込)。
交通費別途実費。
お申込ページはこちら

集 合:JR青梅線・奥多摩駅改札外9:25
時間厳守
集合前に車中や駅でトイレをおすませください。
往路交通のご参考
JR新宿駅7:44発ホリデー快速3号乗車、直通で奥多摩駅9:17着。
大人片道/新宿ー奥多摩1,080円。
同駅からバス往復520円/人(子ども半額)。
解 散:JR奥多摩駅16時40分頃(予定)。
登り標高差370m、最も高い標高814m
下り標高差370m、総歩行距離9.5km
復路は往路を戻ります。
活動地:奥多摩町・百尋の滝
活動の目的:
 軽アイゼンを使って行動の幅を広げる。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。常備品として携行を推奨。
デイパック以下のものが全部入ってなお余裕がある大きさ。(20Lくらい)
雨具ゴアテックスなど防水透湿素材のものを推奨。
ヘルメットあれば安心。
薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを推奨。
100円ショップで売っているものも役立つ。
手袋薄い手袋の上に着用できる大きさだと便利。
マフラーほか防寒用品使い捨てカイロなどもあれば便利。
サングラス好天時は必携。
帽子寒さよけ、頭部保護に役立つ。
耳まで覆えるスキー帽のようなものがよい。
あたたかい上着ジッパーやボタンで素早く脱着できること。
フリースや薄いダウンジャケットなど。
下着・中間着コットンが入った素材は極力避ける。
詳しくはこちら
しっかりした靴摩耗していない靴底でミドルカット以上を推奨。
軽アイゼンお勧めは「靴を選ばない・軽量・比較的安価」な製品
→チェーンスパイク 製品例 
必ず店頭で当日履いていく靴に合わせてみてください。
 ●スパッツゲイターともいいます。
靴のなかに雪が入ることを防げます。
ストック子どもは不要。大人はあると便利。
タオルハンドタオルも便利。予備あればさらによし。
レジャーシート
昼食おにぎりやサンドウィッチ、カップ麺など。
当日はお湯を沸かせる用具を持っていきます。
お湯を使う飲食の準備にお応えできます。
行動食ビスケットやチョコレートなど
詳しくはこちら
飲み物500MLペットボトル1本程度。水を推奨。
コッププラ製など冷えにくいもの。
暖かい飲み物入りのポットカフェインレスの暖かく甘い飲み物がベスト。
ビニール袋ジップロック大1以上
(ゴミのほか、貴重品のぬれ対策にも。)
常用薬と絆創膏2枚
ライター
方位磁石プレート型が有効
地図こちら 
プリントして持参する経験が必ず活きます。
(主催者がコピーを持参します。)
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
保険証または
保険証コピー



主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

募集中の活動はこちら

2017年1月26日木曜日

親子でテント泊「春の2島探索キャンプ」募集開始。

新島と式根島は隣り島。
個性豊かな2島を探索。
お申込者に2島の資料を予めお送りします。
ご希望を集めて探索地を決める「参画型キャンプ」。

【本キャンプの特長】
1. テント泊・自炊のキャンプ。
2. 変化に富んだ自然を徒歩で探索。
3. 各島に24時間入れる野性的な露天風呂。
4. 過去には3月の海に入る元気な子も!
(そんなに寒くないそうです…)

'17 317(金)夜 〜 20(月・祝)  
あと2名承れます(2/21)
夜発3泊4日(船中1泊+テント2泊/共同で利用)
全日ともに悪天予報の時は中止
前回(2016年3月)のようすは → こちら

定 員:10名(最少催行人数6名)
対 象
 小学生くらいから大人までどなたでも。
 小4のお子さん以上はひとり参加できます。
 小3までのお子さんは保護者同伴です。
参加費26,000円/人
 (自炊6食と保険込)
※自分のテントご持参できます。
→持参テント泊の全員1000円割引。
交通費別途実費。
 ご参考:客船(竹芝←→式根島・新島往復)
 中学生以上11,180円/小学生半額。

集 合:3/17(金)
 竹芝客船ターミナル第2待合所21:20
 乗船は22:00。集合時間を厳守ください。
【交通ご参考 (竹芝で乗船の場合) 】
 ゆりかもめ竹芝駅からすぐ。
 JR浜松町または都営地下鉄大門駅から徒歩10分。
 → 詳細は こちら

 横浜大桟橋から23:20乗船もできます。
 → お申込時にご希望お伺いします。
解 散:3/20(月祝)
 竹芝客船ターミナル19:00

活動予定:(時間は参考)
3/17
 21:20 竹芝桟橋集合・乗船。
 22:00 出港。
 23:20 横浜大桟橋出港(参考)
3/18 
 8時半〜9時 新島または式根島着。キャンプ場へ。
 テント設営後、島探索。
3/19
 終日どちらかの島で探索。
 どちらかの島でテント泊(出発前日までに決めます)。 06:3
3/20
 10:30 キャンプ場出発。
 11:25 式根島出港
または
 11:45 新島出港
 19:00 竹芝桟橋到着。
活動の目的:
東京都に属する島々の魅力を体験する
・テント泊の特長を活かしたキャンプを経験。

活動地:東京都新島村(新島・式根島)
 東京から南西160km。

お申込ページはこちら

手早くおいしく栄養ある食事を一緒に作ろう。
テント泊のキモは「整理整頓と先手の準備」。
各島には24時間入れる無料露天風呂あり。
夜遅くまで楽しめます。
持ち物:
晴れて風がなければポカポカ暖かく、曇ったり風があると寒い。
こんな変化に対応できる服装が必要です。
凡例:必携。あれば便利。常備品として携行を推奨
ザック以下のものが全部入ってなお余裕がある大きさ。(40Lくらい)
雨具ゴアテックスなど防水透湿素材のものを推奨。
100円雨合羽でもいいけど破れやすいから2セット用意。
ときには軽量な折りたたみ傘もあると便利。
防寒具軽いダウンジャケットやフリースなど。
ジッパーですぐ脱ぎ着できるもの。
寝袋式根島・新島の3月の平均気温は約13℃。
ふだん使わないならレンタル。 → こちら
銀マットか
エアマット
必携。
手袋軍手でもOK。
クロックスクロックス「みたいな」サンダルでもOK。
水着入浴時に使います。
各島の露天風呂は水着着用が必須です。
帽子頭部保護に。
あたたかい上着ジッパーやボタンで素早く脱着できるフリースや薄いダウンジャケットなど。
下着・中間着コットンが入った素材は極力避ける。
詳しくはこちら
しっかりした靴靴底が摩耗していなければ普段靴でもOK。
食器セット熱いものでもやけどせず、さめにくい樹脂製を推奨。
皿・椀・コップ・はし・スプーン各1。
トイレットペーパー食器拭きやティッシュ代わりなど。
タオル手ぬぐい大1、ハンドタオル1あると便利。
レジャーシート必携。
18日の
朝食と昼食
おにぎりやサンドイッチなど。
腐敗に気をつけて! 
行動食ビスケットやチョコレートなど。
詳しくはこちら
飲み物500MLペットボトル1本以上。
中身は水を勧めます。
洗濯バサミ2個くらい。タオルや水着を干すのに便利。
ビニール袋ジップロック大2枚以上、半透明の45L以上のゴミ袋2枚。
貴重品のぬれ対策やテント内での私物管理に。
常用薬と絆創膏2枚
ライター
ヘッドライトたとえば… →こちら 
単3電池1本で取り扱いやすく費用対効果が高い。
新品電池を入れてくること。予備電池を最低1本は持ってくる。
方位磁石プレート型が便利。
地図こちら 
プリントして持参する経験が必ず活きます。
(主催者がコピーを持参します。)
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
保険証(コピー)お薬手帳ある方はそのコピーもぜひ。


主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス
03-3785-4617

現在募集中の活動はこちら