2009年6月27日土曜日

ホームメイドな国際交流行事のお手伝い


今日、10時から渋谷区のある小学校の体育館でこの学校のPTAのみなさんが主催する国際交流行事があり、70名近いご家族連れがご参加されました。
メインゲストはチュニジア出身のアシュラフ・ヘンタティさん。

野外塾の活動に参加したお子さんのお母様から「小学校で国際交流行事を行うんですが、どなたかお知り合いをご存じですか?」とお問い合わせいただいたとき、アシュラフさんを思いつきました。
アシュラフさんは現在首都大学で学ぶかたわらチュニジアを紹介する事業をしている団体の会計マネージャーを担当、ポジティブで子ども好き。また、日本ではまだあまり知られていないお国なのでご案内させていただいたのです。
それからは2ヶ月ほどの間にアシュラフさんとともに数度のミーティングやメールでの交信を重ねて今日に至りました。

それにしても驚いたのはこの行事を担当されたPTAのお母様方の行動力。
チュニジア大使館からチュニジアの雑貨などを借り受け、チュニジアの各名所を表した地図やクイズに使うクラフトを手作りし、ミントティーやデイツ(なつめやし)を煮たお菓子などを用意したりと、ホームメイドな雰囲気が体育館のなかに自然にひろがって、お子さんたちも受付をすませたあとはチュニジアの衣装を身につけて親御さんから写真を撮ってもらったりしていました。

約2時間の行事では、アシュラフさんから祖国チュニジアの説明をわかりやすくきいたあと、2択のクイズでチュニジアでの生活や風習に理解を深め、アシュラフさんといっしょにチュニジア風のじゃんけんやビー玉遊びを楽しんでいました。
子どもたちの好奇心に充ちた表情と、手を抜かない準備を行ったお母様方を見る限りでは、今日とりざたされている教育にまつわる問題がまるでウソのように感じられます。

お母様方からは「いっぱいいっぱいだった」というご感想が漏れていましたが(笑)、この行事を準備しているお母さんの姿や、当日オトナががんばっている姿からなにかがきっと伝わります。本当の意味で「手間を惜しまない」行事に携わらせていただき、ありがとうございました。

写真:行事が始まる前からアシュラフさんには子どもたちの興味が集まっていました。

The Higgins "Flower Child"

2009年6月26日金曜日

多摩川源流の里「丹波山村」訪問


今日は山梨県丹波山村(たばやまむら)を訪れ、夏の活動のご協力をお願いしてきました。
丹波山村教育委員会、総務企画課、温泉観光課(特徴ある課名ですね)をはじめ、キャンプ場や漁協の方々にお会いしてきました。

丹波山村のみなさんからは、素朴で飾らず、部外者でもきちんと応対していただける印象を自然に受けました。

仕事をしているうえでのボーナスっていうことを最近よく感じます。
それは人生のボーナスともいえます。

野外塾でお金のボーナスはもちろん出ません。
でも、参加者の成長、参加者の保護者のみなさんからの応援、活動をおもしろいとおもってくれる旧友らの応援、活動地のみなさんとの考え方の(意外な/予想外の)一致や素朴なご応対。

そうしたことがボーナスです。
活動ですから、もちろんアゲインストなこともよくありますが、思わぬボーナスにちからを得て私たちは推進力を保持増進できます。

写真は丹波山村・一ノ瀬地区を流れる多摩川の源流部(15時頃撮影したこの水は、今頃どこらあたりの魚を喜ばせているのでしょうか?)

King Crimson "Cadense and Cascade"

2009年6月24日水曜日

本の価値に改めて敬服


本日、打ち合せで外出した帰路、某駅内にある書店に立ち寄りました。
そこで1時間以内で4冊の本や雑誌を買うことにしました。
目が肥えているので、モチロン「駄本」は買いませんよ(笑)

ついついネットで情報を探すことが多くなりがちな日々。
また、ネット上にしかない情報も確かにあるのですが、改めて印刷物の情報量の多さと一覧性のよさを実感しました。

活動で「こんなことをやりたい」「こんなことを伝えたい」という想いがあっても、どうやったらよりわかりやすく、楽しく伝えることができるのだろうか。
そんな視点で情報を探してみると、印刷物の強みが際立ちます。

たまたまアウトドア系の本や雑誌が多い書店だったのかもしれませんが、有益な情報の入手に要する時間コストパフォーマンスがとてもよかった1時間でした。

写真は本日購入した本や雑誌

Peter Gabriel "Book Of Love"

2009年6月22日月曜日

手には電卓、目には花



昨日、府中市美術館にて「純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代」展を見てきました。
ディーター・ラムス氏は長くドイツ・ブラウン社にて製品のデザインに関わった方です。

1950年代まで、ラジオなど家電品のデザインでは装飾性が重視されており、その製品の本来の機能がデザインによって高められているとはいえませんでした。
いわば、ラジオの筐体にきれいな花のデザインがほどこされてはいるものの、スイッチはどこにあるのかわからない(笑)といった例です。
そうした時代と決別し、機能と無関係な装飾性の代わりに製品の機能性を使用者が直感的にひきだせるようなデザインを施した製品を市場に出していく時代のさきがけとなったひとりが同氏でした。

現在、私たちが小さく、軽く、直感的で使いやすい製品の恩恵に与れるのはこうした流れのおかげです。

しかし、いっぽうでそうした製品ばかりがあるような家で過ごすのは、私にはムリだと思えました。
合金、プラスチックという便利な素材とミニマムなデザインの製品だけに囲まれているのでは、なんだか疲れてしまいます。
こうした製品の恩恵をじゅうぶんに受けながら、私たちは緑を求め、花を求めるのです。

仕事に追われた週末に、ふと身近な自然に触れたくなるのも当然のことです。
ふだんはムダな時間やムダなエネルギーを憎悪するくらいに排除しながら、ムダなことに焦がれるのもまたひとにとっては自然なことなのです。

そんな当たり前のことに気づいたいちにちでした。

写真上はブラウン社の電卓(府中市美術館のHPより)
写真下は熊野に咲いていた花

Kraftwerk "pocket calculator"

2009年6月20日土曜日

御嶽(みたけ)カヌー練習の洗礼


多摩川環境調査隊に先立って、いままでは陸上でサポートしていた私も、カヌーのむずかしさ、楽しさを参加者と共有するために松戸市カヌー協会様に入会してカヌーの練習をしています。

今日は、同協会の会員の楽しいみなさんとはじめての奥多摩・御嶽練習。
さいわい梅雨の中休みで天気もよく、最高のカヌー日よりでした。

しかし、御嶽は甘くありません。
上流に艇の先端(バウ)を上流に向けて川の主流(カレント)をわたる練習で、沈(ちん・艇が転覆すること)連発。私がお借りした艇は長らく同協会のカヌー置き場に置かれたままでけっこう汚れていたのに、艇のなかまですっかりきれいになりました(笑)

自称マジメな性格の私は沈連続で凹んでももおかしくないのですが、ほんとうに気持ちがいいみなさんといっしょに楽しく前向きに今日一日の練習をフィニッシュできました。

写真は、帰りに立ち寄ったカヌーやパドルの修理を専門に仕事としているお店。あまりにシブい。

今日、洗礼を受けた気分はこちら♪
Rose Royce "Car Wash"

2009年6月17日水曜日

夏の活動案内を置いていただける博物館・施設

「多摩川環境調査隊」をはじめ、夏の活動案内を置いていただけますようお問い合わせしたところ、次のような各博物館などからご快諾いただけました。
ほんとうにありがとうございます。
いずれも、自然科学が楽しく身近に理解でき、また自然とひととのかかわり合いを学ぶことができる展示内容です。
私たちの活動がこうした施設にご来場される方々のお目に留まりたいと願って、パンフレット設置をお願いさせていただきました。
(あいうえお順)

伊能忠敬記念館
千葉県香取市 電話0478-54-1118
地図作りの「巨星」伊能忠敬の偉業と足跡を垣間みることができます。遅咲きで大業を成し遂げた経歴には現代に生きる私たちも勇気づけられます。

茨城県自然博物館
茨城県坂東市 電話0297-38-2000
展示だけではなく、野外活動も自主企画する博物館です。小さなお子さんでも親子でいっしょに楽しめそうです。

植村冒険館
東京都板橋区 電話03-3969-7421
世界に誇る植村直己さんの偉業を知ることができる展示に加えて、青少年を対象にした冒険的な自主活動も実施しています。自然や冒険に関する充実した蔵書を見ているとアッという間に時間が過ぎてしまいます。

国立科学博物館
台東区上野公園 電話03-5814-9855
開催中の「大恐竜展」では過去の一日あたりの最多入場者数を塗り替えたといいます。名実ともに日本を代表する自然科学分野の展示の殿堂です。

埼玉県立 川の博物館
埼玉県大里郡寄居町 電話048-581-7333
関連施設も充実した川の博物館。治水など、ひとと川のかかわり合いも理解できる内容です。

関野吉晴探検資料室
東京都墨田区 電話03-3611-6355
アフリカで誕生した人類が南米の南端にまで住むようになった経路を逆にたどる「グレートジャーニー」を遂行した関野吉晴さんが使用した装備や、旅の途上で撮影した写真などを展示しています。

二ヶ領せせらぎ館
川崎市多摩区 電話044-900-8386
登戸近くにある「多摩川のオアシス」。気軽に立ち寄れる場所です。

Brian Eno "Music for Airports"

2009年6月15日月曜日

「総合文化」としてのアウトドアを楽しもう


先週末、大町に行ったときに「田淵行男記念館」に途中で立ち寄りました。
同氏についてはネットでさまざまな情報がみつかりますので、ここでは詳細を省きます。

写真のテントは、同氏が山行で愛用したオーダーメイドのもの。当時はテントといえば3人用以上のものがほとんどで、単独行を好んだ氏としては重量がかさんで非効率なため、文京区湯島に現在もあるテントやザックなどの名店「片桐」に設計図をもちこんで作ってもらったといいます。現在ではこうしたロープロファイル指向のテントやシェルターは割合に見かけますが、当時はきわめて珍しかったらしく、幕営していると、とおりがかった登山者たちがしきりに中をのぞき込んで行ったという話です。

私がこのテントを見て感動したのは「ないものは設計して作る」というきわめてシンプルだけれど、いまの時代に欠けている考え方。
身の回りの多くのものがハイテク化したり高品質になっているために、野外で行動の要になるものを実際に創りだすのは勇気が要るかもしれません。しかし、既製品にちょっと手を加えたりするだけでうんと使いやすくなるモノはかなりあるはずです。でも、そんな些細なことにマジメに取り組んで、自分なりに工夫を試みているひとは意外に少ないのではないでしょうか。

アウトドアでの活動は衣・食・住の3大要素はいうまでもなく、地理、気象、民俗、芸術、数学、生理学、生態学、時勢や経済、哲学や信仰など、およそ世の中にあるすべてのものが総合的に関与していて、一生をかけて楽しむことができる総合文化だと思います。

私たちもまた、そうした総合文化としてのアウトドアの楽しみを少しずつでもご提案できるよう、「ないものを創りだす」心構えで励みます。

梅雨の合間の爺ヶ岳日帰り登山



週末の土曜日は私用で信濃大町に向かいましたが、この日は残雪に光り輝く後立山連峰を「見るだけ」のお預け状態。
大町に泊まり、日曜はさわやかな天気。同行の旧友らと天気がよければ登ろうと前から話していた爺ヶ岳に登ってきました。

今年はあちこちの山で、暖冬の影響で残雪が例年よりも少ないといわれています。
この日、私たちがたどった種池山荘へと伸びる柏原新道では標高2000mを超えてはじめて残雪が登山道を覆うようになってきました。
アイゼンを出すこともなく登降できたので、やはり雪は少なかったといえるのかも。

稜線に出たら剱岳の雄姿が見られますようにと願っていましたが、あいにくガスが去来していて、下山時刻になっても見えず。
それでも、この時期にしては暖かい陽光に恵まれ、ひととき高山の趣を満喫することができました。

爺ヶ岳をピストンし終わって、種池山荘わきのベンチでのんびりとコーヒー飲みながら休んでいると、山好きな子らの顔が目に浮かび、気がつくと「この景色をこの時期にどうしたら見せてあげられるかな」と考えてました。

写真は種池山荘前の雪田から望む爺ヶ岳南峰と友人ら。

Brian Eno "Taking Tiger Mountain"

2009年6月12日金曜日

夏の活動DM投函しました!


今夕、今夏の活動のご案内をDMご希望者にあてて投函いたしました。

活動数は多くありませんが、貴重なお休みの日に、ご家族で、友人と、あるいはおひとりででも自然のなかで豊かなときを過ごしていただけるように準備を進めています。

みなさまのこころの琴線に響く活動があれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

写真は、昨年の夏のキャンプで和歌山県・古座川に行ったときの一枚。

Cliff Richard "Summer Holiday"

2009年6月10日水曜日

夏の活動募集DM 明日投函します(汗)

現在、一生懸命DM用の募集チラシを作っています。
大林画伯が書いたタイトルとイラストをスキャンして

(カレー食べたくなってきた 笑)
ワードに取り込みます。シンプルですがワードの使い勝手の悪さに泣かされる微調整がめんどくさい。

完成後、活動の数だけ同様の工程で作って印刷・封入。
(クリックで現物ご覧いただけます。↑)
こーして、こーして、こうなるの、という感じで。
遅ればせながら奮闘中です。

スキャニングしながら聴いているインターネットラジオから流れてきた曲は
Bruce Cockburn "Scanning these crowds"

2009年6月9日火曜日

祝! 古川太亮さんマナスル登頂!





交流がある古川太亮さんからメールが届きました。
古川さんはご自身が作っている同好会のリーダーとして地道に国内の登山をしている方です。
「海外登山報告(東村山・古川)」というタイトルだったので、「あれ、どこ登ってきたのかな」と思って本文を拝見したところ、なんと! ヒマラヤのマナスルでした!! すごい!

マナスルは標高8163m・世界8位の8千メートル峰。山名はサンスクリット語で「精霊の山」を意味するといわれます。
1950年、人類初の8千メートル峰登頂としてアンナプルナ(8091m)にフランス隊が初登したのち、先進各国によって熾烈な8千メートル峰初登合戦が繰り広げられるなか、1956年に日本隊が初登した8千メートル峰としてもなじみ深い山です。

以下、古川さんからのメールを抜粋します。

「3月19日ネパールに出発以来、85日ぶりに6月5日に帰国しました。当初チベットのチョーオユー(8201m)他にチャレンジ予定でしたがやはり登山許可が出ず、止む無く私には数段難易度の高いマナスル(世界第8位、8163m)に変更することとなりました。
BC(4800m)に入ってから、今シーズンのヒマラヤは悪天続きでたびたび大雪に見舞われ、この結果30日のBC予定が40日ほどと延びましたが、最後のチャンスとなった5月19日早朝2時、近藤隊長と出発し10時に山頂に到達することができました。
お陰さまでいい天気に恵まれ世界の屋根から素晴らしい展望を堪能することが出来ました。
今回は勤務先のご支援や家族の理解、さらに近藤隊長の指導はもとより、若い同行メンバーのサポート、そして全国連盟の支援と山仲間の心温まる励ましにより70才8ヶ月(最高年齢記録か)を達成することが出来ました。
今回の私の成果は、支援いただいた山仲間や、願わくばこれから登山活動を志向する多くの皆様と広く共有出来ればと願っております。」


いや、すごいです!
身近な8千メートル峰登頂実績をもつ方として、ぜひ今度古川さんご本人にお話をきく機会を作ってみたいと思います。
次はあなたが8千メートルの頂に立つ番かも!?

*写真はすべて古川さんのメールに添付されていたものです。
写真上 4月14日 ベースキャンプ
写真中 5月17日 第2キャンプから登高中
写真下 5月19日 10:07 マナスル頂上の古川さん(写真中央)

神々の領域を歩いてきた古川さんに敬意を表して。
Stacey Kent "What a wonderful world"

2009年6月8日月曜日

「奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル」お手伝い



昨日の日曜は梅雨入り前の絶好の天気。
NPO奥多摩カヌーセンターが主催する「奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル」のお手伝いに奥多摩・氷川キャンプ場に行ってきました。

カヌー体験やカヌー遊覧にはじまりレースもあるので、カヌーに乗ったことがない親子連れから競技指向の方までさまざまな方々が一堂に会して楽しめるおおらかな催しでした。
今年で15回となるそうで、歴史あるこうした催しを続けて行くことはたいへんでしょうが、多くのひとが楽しまれたことと思います。たくさんのボランティアさんがいらっしゃって、たいへん刺激になりました。

さて、夏の活動「多摩川環境調査隊」(以下「たまかん」)は今年で5回め。

今年のリーダーを務めてくれる明治大学カヌークラブのダッキーこと田中君と会場で会う約束をしていましたが、過去のリーダーやスタッフを務めてくれたみなさんにも偶然に会えて、楽しいひとときを過ごしました。
「たまかん」では、各大学のカヌークラブの現役部員さんがリーダーとして参加者の前面に立ち、野外塾は安全管理と進行管理、総責任をとるバックヤード部門を務めています。

ダッキーから、今年の「たまかん」にスタッフ参加を希望しているカヌー部員さんが各大学にいらっしゃるということを聞き、ほんとにうれしかったです。
「たまかん」が参加者のみなさんにとって、そして学生のみなさんにとっていつか夏の多摩川の風物詩となることができれば本望。

写真上は田中君(右)と明大カヌークラブの玉地君(左)。頼りにしてます!
写真下は氷川キャンプ場から2.5km下の白丸湖を目指すタイムアタックレースの男子スラローム艇部門に参加したふたりがリザルトボードを見ているところ。さて、どちらがより好タイムだったでしょう?

ひとりっきりの事務所でテンション下がらないよう、今日の気分はこの曲。
Leo Sayer "More than I can say"

2009年6月6日土曜日

orz 「お絵描きティピー」延期

雨が午前中いっぱい残りそうな天気の推移なので本日開催予定だった「お絵描きティピー」を今秋9/27(日)に延期することにしました。
当日、秋晴れに恵まれて参加者のみなさんの笑い声が和泉多摩川河川敷に響くようにと、願っています。

今日の天気は「雨のちくもり」らしい。
2度の延期で私の気持ちは
Doors/The EndのちBoston/Don't look back」っていう感じ。

2009年6月5日金曜日

雨の金曜日には・・・


明日の「お絵描きティピー」の準備。
数年前と同じように、週末に天気が崩れるサイクルになっているようで、明日予定されている同活動の開催も風前の灯。

でもやることはすべてやっておきます。
事務所内にブルーシートを敷き、ペグで固定するためのアイレット(カシメ)をティピーの布地とシェルターの布地に打ち込んでいます。全部で100箇所くらい。

小雨そぼ降る静かな日に、カン、カン、カンと金槌の響く音。

昨日、参加者に持ち物や注意点の最終連絡をしたところ「子どもがほんとうに楽しみにしています」というお母さんからのお励ましをいただいたり、どこでお知りいただいたのかわかりませんがTBSラジオさんから取材のためのご連絡をいただいたりと、ほんの小さな活動ですが、私たち主催者がこの活動を楽しみにしているのがみなさんにも少しは伝わるのかもしれないな、とうれしい気持ちになります。

自然のなかで行う活動は自然任せの要素があるからこそよいのですが、ついつい活動そのものに思いが募ってしまうのもやっぱり一種の「我欲」ですね。

明日、天気がもってくれますように。

こんな日のBGMは…
カーペンターズ「雨の日と月曜日は」

2009年6月3日水曜日

「お絵描きティピー」現地下見



今日は狛江市の和泉多摩川河川敷へ、6/6(土)に開催する「お絵描きティピー」の最終下見に行ってきました。
多摩川からの風がかなり強い日でしたが、ティピー型の6角形テントはびくともせず。
これならば当日も安心です。

当日、絵を描いてお持ち帰りいただけるひとり用シェルターも設営確認してきました。

写真上は手前にひとり用シェルター、奥にティピー型テントです。
写真下のようなお客様もお越し下さいました(やさしい目をした長さ150cm級のアオダイショウ君)。
当日は、小さなお子さんもいらっしゃるので「お互いのために」ご来場をお控えくださいね♪

雨まじりの週末が続いていますので、雨が降りませぬように!

2009年6月1日月曜日

富士山ろく・山菜摘み体験終了

★雨まじりで瑞々しい山菜

★みんなで料理の下ごしらえ

関東近辺の週末は雨模様の日が続いていますね。
昨日は富士山の北斜面で16名の参加者様とNPO富士山ネイチャークラブ様と協力して山菜摘み体験を催しましたが、やっぱり活動中にちょっと降られました。

山中湖を見下ろす広い斜面は、ほかにも山菜採りのひとたちが入っていたものの、あまりに広いので貸切同然。
ただし、今年は暖冬のせいか例年に較べると少し山菜の成長が早いようで、やわらかい新芽を探すのにみなさん手こずったようです。
私が大好きなウルイもまた同じで、葉っぱが大きく伸びているものがほとんど。
しかし、「ありがたみがないほど」生えているため、よく探せばあちこちにやわらかそうなのが見つかります。

採集後は、ふもとの山荘に移動して調理開始。
炊き込みご飯、具だくさんの味噌汁、和え物、煮物、天ぷら、サラダなどを参加者のみなさんとともに作って、楽しくいただきました。

一夜明け、今朝の朝食は、昨日の収穫と冷蔵庫の余り物の競演。
「ウルイと新ジャガとチョリソーソーセージのアンチョビ炒め」お勝手風(笑)。
トーストしたライ麦パンととてもよく合いました。

標高が高いところや東北などではまだ山菜を楽しめます。
みなさんも機会があればこの季節ならではの味覚をぜひお楽しみください。