2010年6月15日火曜日

ありのままのアフリカ


サッカー・ワールドカップがはじめてアフリカ大陸で開催されています。

そんななか、アフリカにおける諸問題を報道し続けているジャーナリスト・大崎敦司さんからいただいたメールで、ありのままの現代アフリカを描くドキュメンタリーが渋谷で上映されていることを知りましたのでご案内します。

場所は渋谷のシアター・イメージフォーラム。
上映期間は6/25(金)までです。
1996年から2009年までにヨーロッパで制作された3本のドキュメンタリーが中心になり、6/17までは80年代に制作された2本が参考上映されます。いずれも定評あるドキュメンタリー作家による作品らしいです。
詳細はこちらからご覧いただけます。 → こちら
2005年に制作された「コンゴ・リバー」。見てみたい。
「7915キロ」は、案内文では"ラリー車が残して行った無数の轍をたたえたサハラ砂漠の映像は、ブリューゲルの風景画のように崇高な美しさで撮影されている"と表現されていますが、写真を見る限りでは"つはものどもがゆめのあと"という感が。

各回入替制ですが、なかなか日本では知ることがむずかしい素顔のアフリカの断片に触れる好機です。

雨に降り込められた日は、映画館で異境にこころを解き放つのもいい体験だと思います。

2010年6月9日水曜日

多摩川探検隊 募集開始

●8名のお申込者とともに行ってまいります!
 広報にご協力いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。


多摩川の最初の一滴が山中に落ち東京湾に流れ込むまで約140km。
山梨県・笠取山から羽田までの多摩川全流域を徒歩やカヌーを使って自力移動するこのキャンプは、ふだんは「眺めるだけ」の多摩川のすばらしい自然をまるごと体感できる絶好の機会です。

昨年の様子がご覧いただけます → こちら

'10 8月9日(月)~14日(土)5泊6日(8/14は予備日)
対 象:小学5年生程度(身長140cm程度)以上の方。
     保護者の方も参加できます。
参加費:39,000円(行程中の全食費、機材・施設使用料などを含む)
 本活動は主催者含め全スタッフがボランタリーに参加者をサポートします。
 締切:7/31(土)<募集終了しました>
集 合:8/9(月)07:30にJR新宿駅西口交番前(時間厳守でね)      
解散予定:8/13(金)または8/14(土)17時、京急・穴守稲荷駅(予定)

行程概略(全日好天の場合の予定) 全泊テント泊/自炊です。

山梨県・笠取山中の岩の間から落ちる多摩川の最初の一滴を確認。
 原生林が残る水源の山々をめぐって奥多摩湖へ下ります。
上流の白丸湖でカヌーの漕艇を習って…
2人艇を使って原始的な雰囲気が残る多摩川上流を漕ぎ
福生からは自転車で中・下流を下ります。
羽田の大師橋下でゴール!
 終了点からはるか彼方、水源の山並を遠望すれば感無量。

去年の様子は → こちら

今年も水上で参加者をサポートするのは各大学カヌークラブの部員のみなさんです。
密度のこい体験を積みながらも初心者の気持ちがよくわかる彼らならではの目線が、参加者の安全を守ります。
水上安全については「レスキュー3」スイフトウォーターレスキューテクニシャン・レベル1を修了したスタッフが下見と活動に同行します。スタッフ間で活動の安全についての意識を共有し、事故を「予防」するためです。

大都市の中心を流れる川としては、世界に誇れる自然を残す多摩川。
その魅力を参加者のみなさんとともにわかちあいましょう!

主 催:NPO地球野外塾

お申し込みはお電話/ファクス 03-3373-2066

2010年6月8日火曜日

第4回「小川山クライミングキャンプ」募集開始

●15名の参加者とともに無事活動を終了しました。ありがとうございました。
 当日の報告は
こちらです!
毎年大好評のクライミングのメッカ「廻り目平」でのキャンプ。
初めてでも、小さなお子さんでも、もちろん経験者でも楽しめます!

フリークライミングは自分の手と足を頼りに岩を登るスポーツ。
トップロープという方法で、力つきてもロープにぶら下がって安全に下りることができます。
その魅力は最後まで登りきったときの達成感ですが、途中でぶら下がったくやしさもまた魅力だな♪
経験者には楽しい課題作りの天才・アラジンクライミングの小川さんがご希望に応じます(笑)

10 8月20日(金)~21日(土)1泊2日(テント泊、自炊)
集 合:新宿駅西口スバルビル前7:20
解 散:新宿駅西口に21日19時頃到着予定
活動地:長野県川上村・廻り目平キャンプ場周辺
行 程:
8/20 午後からクライミング。やさしいルートからはじめ、さまざまなルートにトライ。夜はおいしいメニューをお楽しみに! みんなで作って焚き火のそばで食べましょう。
8/21:前日に覚えたテクニックを応用して、午後までたっぷり登ります。14時に現地撤収予定。
※天候などによりプログラムの内容を変更する場合があります。ご了承下さい。
対 象:小学生程度以上(保安器具の装着の都合上、身長105cm・体重20キロ以上)でクライミングをやってみたいと思う人だれでも!親子でもおひとりでもご参加できます。定員18名(最少催行人数13人)
参加費:15,800円 ※施設使用料、食費(3回)、保険料を含みます。
 交通費別途実費(バス利用でおひとり5千円程度)
活動の目的:
・仲間や家族のチャレンジを称え、自分もベストを尽くす。
・仲間や家族と体験共有をとおしてお互いの絆を深める。


共 催:NPO地球野外塾/NPOアラジンクライミング

<昨年参加された方々の感想>
・上の岩まで登れたときは、達成できた気持ちでうれしかった!
・ロッククライミングは面白い。またやりたい!
・野外での食事の準備は最初どうしたらよいか戸惑いましたが楽しかった。
・父子で同じ体験を共有できて楽しかった。また親子でやってみたい。


お申し込みは地球野外塾 03-3373-2066
またはアラジンクライミング
045-633-8180へ!

2010年6月3日木曜日

奥多摩ふれあいカヌーフェスティバルで会いましょう

上の画像をクリックすると、フェスティバルのHPが展開します。

「奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル」は毎年この時期に開催される伝統あるイベントです。
今年の開催日程は6/5(土)〜6/6(日)です。

メインは6/5のカヌーレースと6/6のカナディアンカヌー試漕とカヌー試漕、そして両日をつなぐ満天キャンプ。
アットホームな雰囲気がとってもいい感じ♪

地球野外塾はというと、6/6に11時から14時すぎまで、ここでストーンペインティングと活動のPRをやってます。

このフェス、意外にちいさなお子さん連れも多いんです。
でも、クマみたいなひとたちがカヌー漕いだりするのがメインっぽくなってしまうので、小さなお子さんもちょっと楽しめる活動がほしいな、というNPO奥多摩カヌーセンターさんのお気持ちと、約2ヶ月後の8/8から1週間かけて多摩川の最初の一滴から羽田までを移動するキャンプ「多摩川環境調査隊」のPRをしたいなあ、と思っていた私たちの気持ちがうまくミックスして、ストーンペインティングをすることになりました。

カヌーフェスティバルは、当日でも自由に遊びにくることができるので、好天に恵まれそうなこの週末、きれいな川のそばで遊びたいな、と思われる方はぜひおこしくださいね! 「日々是キャンプ見たよ」とおっしゃっていただければ、ストーンペインティング参加費100円(保険料と塗料実費)を半額にします(割引してもたかが知れているのですが、コミュニケーションということで♪)。

2010年6月2日水曜日

6月の山行「地図にない道を登る滝子山」募集開始

梅雨のあいまの曇り空の下、5名の方々とともに実施しました。ありがとうございました!

眺望にすぐれたボリューム感たっぷりの秀峰・滝子山。
地図を見て歩き、展望にすぐれた山頂から首都圏を巡る山域の概念を把握しよう!


中央線・笹子駅から歩きはじめて登ることができる滝子山(たきごやま・標高1620m)。
国土地理院発行の1/25000地図上では道の表記がなく、山の地図では点線扱いの道(難路の意味)で記されている南稜を歩いて頂上を目指します。
赤線部が国土地理院発行の地図には記載されていないルートです(クリックで拡大します)。

岩稜歩きがあるかと思えば沢沿いの林もあり、変化があって楽しい道ですが、地図をよく見ていく必要があるので地図読みを覚えるきっかけづくりとしてよいコースです。

山頂は「秀麗富嶽十二景」に指定されているだけあって、360°の大展望。
広域地図をみながら展望すれば、富士山、道志山塊、南アルプス、大菩薩嶺を経由して奥多摩に向かって北上する山稜を確認できるので、この機会に鳥になった気持ちで首都圏をとりまく山域の概要を体感してください。
きっとこれからの山行がもっと楽しくなりますよ!

山頂からの展望は → こちらからどうぞ♪
当日は天気に恵まれますように(5年間晴天の日です)。


'10 6月20日(日) 雨天中止(山は逃げませんw)
集 合:JR中央線 笹子駅 改札外 08:30(18時解散予定)
ご参考:新宿発06:22、高尾始発07:26
お子さんだけのご参加の場合、新宿駅で集合解散可能です。
ご相談ください。
対 象:小学校4年生程度以上でよりよい登山をしたい方ならどなたでも。
お子さんだけでも、親子でも、おとなの方だけでも参加できます。
山行経験をお尋ねする場合があります。ご了承ください。
活動地:山梨県・滝子山
行 程:笹子駅から南稜経由で滝子山山頂、下山はすみ沢沿いに笹子駅へ。
下山は初狩駅へ。
予想歩行時間7時間。標高差1000m。一部に岩場を含みます。
サポート費:3500円/人 交通費などは実費
ご参考:新宿・笹子間は全線JR利用で往復3780円(おとな)。
ホリデーパスを使うと出発地次第では安く往復可能。
京王線で高尾まで行くとさらに安いが、便数と時間に注意。
 
定 員:8人(最少催行人数5人)
活動の目的
・梅雨でも雨の合間をみてからだを動かし、山勘を鍛えておく。
・地図を読もうとする動機づけを身につける。
・首都圏をとりまく山域の概念をザックリと身につける。
持ち物:お申込者にご連絡します。
主 催:NPO地球野外塾

お申し込みはお電話/ファクス 03-3373-2066