2012年3月24日土曜日

沖縄で頭にガツンと一撃。


Condition Green "Heart Taker" 沖縄の歴史から学べることはいろいろありそうです。

明日から7人7様のデコボコ参加者と、デコボコスタッフあわせて10名で沖縄に1週間のキャンプに行ってきます。

この活動は、春休み恒例の「招待型」キャンプ。
一般募集はせず、過去の地球野外塾のキャンプに参加したことがあって、テント設営や調理などアウトドアでの基本的な生活が自主的にできて、自主的な活動計画を立てることができると思われる諸君に案内を出して参加を募りました。

今回のキャンプの条件は
1 沖縄本島と周辺の離島が活動地。
2 1週間のうち、最低3日は自転車に乗って移動する。
3 なるべく人力で移動する。
こと。

2ヶ月前から準備をはじめ、沖縄について調べあげて自分が行きたい場所をまず要望、ほかの参加者と話し合いながら全員で訪れたい場所を決めます。
もちろん、訪問候補地への交通手段の選択も自由。基本的には人力移動。歩くか、自転車に乗るか。でもバスやモノレールに乗るのもOK。ジョーカーカードのようにタクシーを使うこともあるかもしれない。
また、活動中は自分たちで予算管理をします。宿泊施設に泊まるもよし、海岸で野宿するももよし、沖縄そばをすするのもよし、自炊するもよし、という感じ。

こんな活動なので事前の提出物もおおいんです。
だから「紙に自分の想いを書いてひとに伝える」ことに慣れている参加者、慣れていない参加者、慣れてないけれどキャンプにかける想いがびしびし伝わってくる参加者などがよくわかりました。

そんな準備のなかで毎年感じるのは、せっかくの機会なのに、ハングリーになりきれない子どももいるのだなあ、ということ。
そんな彼らが、どこかで悔し涙を流す機会があるといいな、ということです。

この活動をとおして悔し涙を流してくれ、とはいいません。
しかし! とにかくなんでもいいから、一心不乱に取り組む気持ちがこころのなかに入道雲のようにわき上がり、その想いが遂げられなかったり、または自分の力不足を痛感したり、という体験はたいせつですよね。

15年くらい前の正月、いまは亡き父と沖縄へ旅行に行ったときのこと。
ホテルを出発する夕方に、そばのレストランの窓越しにちらりと中年のウエイトレスさんが見えました。
おいしいものをたっぷり食べて、深夜に父とともにホテルに戻ってきたとき、出発するときと同じように彼女が働いている姿に、なぜか「ハ!」とさせられました。

日々遊んでいたわけではなく、休暇で沖縄に来ているのだからおおいに遊んでいいわけなのですが、それでもなにか「まじめに働くこと」のたいせつさを強く感じさせられたのです。

明日からの沖縄の旅をとおして、参加者のみなさんがなにか触発される機会があったなら、うれしいです。

では行ってまいります。

2012年3月20日火曜日

爽やかな5月「地図にない道を歩こう! 滝子山読図ハイク」参加者募集

「みんなとおしゃべりしていたら、いつの間にか頂上に着いちゃった♪」
「いつものそんなハイキング」になんとなく疑問を感じ始めたすべてのハイカーにお勧めしたいのがこのハイクです
豊かな自然林のなかで読図練習と小冒険が体験できます。
中央線・笹子駅から歩きはじめて登ることができる滝子山(たきごやま・標高1620m)は頂上からの眺めがよい秀峰。
国土地理院発行の1/25000地図上では道の表記がなく、山の地図では点線扱いの道(難路の意味)で記されている南稜を歩いて頂上を目指します。
赤線部が国土地理院発行の地図には記載されていないルート(クリックで拡大)。

沢沿いの林があるかと思えば岩稜あり、という感じで変化がある道ですが、地図をよく見ていく必要があります。
山頂は「秀麗富嶽十二景」に指定されているだけあって、「天気がよければ」360°の大展望。
広域地図をみながら展望すれば、富士山、道志山塊、南アルプス、大菩薩嶺を経由して奥多摩に向かって北上する山稜などを確認できます。
'12 5月13日(日) 
参加費:5000円 交通費などは実費
ご参考:新宿〜笹子間は全線JR利用で往復3780円。
京王線で高尾まで行くとさらに安上がりです。
集 合:JR中央線 笹子駅 改札外 08:30(18時解散予定)
ご参考:新宿発06:22、高尾始発07:26
対 象:地図をみながら登山をできるようになりたい方ならどなたでも。
小学生高学年以上なら理解できると思います。
活動地:山梨県・滝子山
行 程:笹子駅から南稜経由で滝子山山頂、下山は初狩駅へ。
予想歩行時間7時間。標高差1000m。けっこうキツいよ(笑)。一部岩場を含みます。
定 員:8人(最少催行人数5人)
活動の目的:地図を読む楽しさと方位磁石の基本的な使い方を身につける。
持ち物:お申込者にご連絡します。

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)
主 催:NPO地球野外塾

お申し込みはお電話/ファクス 03-3785-4617

だれでも楽しめる! 初夏の「クライミング&スラックライン体験会」募集開始

彼は2歳半! クライミングはだれでも楽しめるよい例です。
5歳半のお兄ちゃんは120°のどっかぶり前傾壁にチャレンジ中。
影の実力派インストラクター「ミスター・わん♪」
ロープクライミングもごいっしょに体験できます。
親愛なるすべてのビギナーのための講習会です。
クライミングやってみたいなぁ。スラックラインやってみたいなぁ。
でも、初めてだからなんか気が引けるんだよなあ。

親子でやりたいんだけれど、子どもがちいさいからなあ。
そんな悩みスッキリ解決できます!


横浜市鶴見区の「クライミングジム・アラジン」を貸し切って
クライミングとスラックラインの楽しさと奥の深さを体験してみてくださいね!

5つの特長
1. 貸切だから回りを気にせずマイペースで練習できる!
2. 未就学の小さなお子さんでも体験できる! 
3. わかりやすく、すぐに安全にクライミングを楽しめる説明 
4. ボルダリングとロープクライミングを一度に体験できる
5. バランス感覚を磨くスラックラインが体験できる


この広いクライミングジムを貸し切りますので、思う存分トライできます。
'12 6月17日(日)
参加費:未就学児〜中学生3500円、高校生以上4000円
高校生以上はクライミングシューズのレンタル無料です。
中学生以下は希望者にクライミングシューズをレンタルします(500円)。

集 合: クライミングジム「アラジン」に08:50までに直接集合。駐車場あり。
参 考:JR鶴見駅発8:20乗車で8:29着。駅から徒歩5分。
クライミングジム
「アラジン」の所在地:横浜市鶴見区朝日町1-39
対 象:かんたんな安全説明を理解できる未就学児からオトナまでどなたでも。
おひとりでのご参加もできます。
定 員:10人(最少催行人数8人)
締切:6/16
活動の目的
・シンプルなスポーツでからだを動かすことを思いっきり楽しもう!
・親子や仲間で体験を共有しよう!

持ち物:
◎飲物(ペットボトルに入れること)
◎タオル
◎中学生までは学校で使っている上履き
(大人はクライミングシューズを無料レンタルします。 )
◎動きやすい服
○かんたんな軽食
(ジム内に飲み物の自販機あり。コンビニへは往復10分かかります。)
当日の予定
09:00〜11:00 安全説明ののち、ボルダリングとロープクライミング
11:00〜11:50 スラックライン
12:00 活動のまとめ、解散
主 催:NPO法人 地球野外塾
ご協力:クライミングジム「アラジン」、NPO法人 アラジンクライミング
過去の活動のようすは… → こちらでご覧いただけます。

★お申込者用書類
お申込書
エクセル版(29KB)  
PDF版(32KB)

  キャンセル規定はご一読ください。クライミングジム利用登録書は1〜2ページを参加者分プリントして、必要事項をご記入のうえ当日お持ちください。

お申し込みはお電話/ファクス 03-3785-4617

ひとは「目標を追う」生き物なんですね(しみじみ)。

ホールドに突き刺した!ワンコをレスキューするのを楽しんでくれた3歳の女のコ。
お父さんお母さんを「口説いて」1クール20分×2回もチャレンジしてくれました。
本日も、DAVOS横浜店のクライミングウォールにてクライミング体験をサポートしてまいりました。

13時から17時すぎまで、36人の「お子さん」が引きも切らずで、あっという間でした。

なぜ「お子さん」とわざわざカッコをつけたか、というと、親御さんがいっしょにクライミングを楽しむケースが皆無だったからです。

ちっちゃなお子さんが「お母さんといっしょに登りたい」といっても「お母さんはいいから」といってお子さんだけ登るケース。
スカート履いているのでなければ、こんなときにはゼヒごいっしょに、とお勧めします。

子どもと同じ体験を共有することって、とっても大切だと思います。
だから、大人の方にとって「とるに足らないこと」や「アホらしいこと」でも、アホになってやってみることで子どもは安心するし、子どもとの貴重な共通の思い出ができます。

お父さん、お母さん。
子どもが「いっしょに○○してよ」といってくれる時期は、あっという間に過ぎてしまいますよ。

本題から逸れてしまいました。

子どもにとって目標設定もたいせつです。
DAVOSさんでクライミング体験をサポートするようになって、私たちもかなりこのことについて体験的に学習しました。

小さなお子さんにとって「いちばん上まで登ってみよう」は論外にしても、「ここまで登ってみよう」でもなかなか明確な動機づけができないらしいことに気づいたのです。
自分から「登ってみたい」とお父さんお母さんのそでを引っ張っているのにもかかわらず、少し登れないとめげるんですよね。
5.9(これからはninerと呼びましょうか。MTBの世界に倣って。)クライマーの自分はよくわかりますよ、君たちのキモチ(笑)。

そこで登場したのが、ワンコのキャラクター人形。
これをホールドの上に置いて「○○ちゃん、あのワンコを助けてあげて」というと、目の色を変えてその目標達成に向けて努力するのです。

この豹変ぶりは劇的で、驚かされます。

ひとは、生まれもって目標をクリアしたい生き物なのかもしれません。
もし、子どもたちがやる気を失っているようなときには、目標の設定があいまいではないか、または間違っているのではないか、というアプローチが問題を解決できるかもしれませんね。

子どもたちには、いつも教えられます。
ありがとうございます。

え? 自分もクライミングやってみたくなっちゃった?
そうそう、そんなあなたを6/17(日)のクライミングジム貸切体験会でお待ちしています♪

東北応援!「奥武蔵・日和田山お花見ハイク」募集開始

高麗川の流れに沿って咲くサクラを日和田山山頂手前の鳥居から望むイメージ。
(当日の桜の開花状況は今後の天候次第です。予めご了承ください。)
花の季節到来!
サクラや菜の花が美しい奥武蔵の山里で、眺望抜群の日和田山ハイキングとお花見を楽しみましょう。
日和田山はちょっとした岩場があったりして、楽しく充実した山です。
地球野外塾の平成24年度はじめての活動は、みなさんが自然を楽しむことが東北を応援することにつながる活動としました。
みなさんからいただく参加費は、経費(スタッフの交通費とみなさんにご提供する東北産の食品類)を除いて仙台を拠点に継続的に復興作業を行っているボランティア活動へ寄付させていただきます。
お誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしてます!
菜の花と桜咲く巾着田から望む日和田山
'12 4月15日(日) 雨天中止
参加費:3500円(小学生以下3000円・東北産の郷土菓子類やお酒、保険料含む)
 交通費などは実費>ご参考:池袋からの往復1080円(おとな/小学生は半額)。

集 合:西武池袋線 高麗(こま)駅 改札外 10:00
ご参考:西武池袋駅発08:50急行飯能行きに乗車、飯能駅で乗り換え、高麗着09:50
お子さんだけのご参加の場合、池袋駅で集合解散可能です。お気軽にご相談ください!
解 散:同駅で15時予定。(15:24下り電車あり) 

対 象:3時間くらい楽しみながら歩ける方(未就学児でも意欲あればOK)ならどなたでも。
お子さんだけでも、親子でも、おとなの方だけでも参加できます。
定 員:12人程度(最少催行人数6人)
活動地:埼玉県日高市・日和田山/巾着田付近
行 程:予想される正味歩行時間は3時間。標高差上り下りとも約200m。日和田山に登って昼食、下山したらのんびり巾着田を散策します。
活動の目的
・春ならではの自然の恵みを満喫する。
・日々の生活をたいせつに楽しみながら被災地を応援する
持ち物:
・雨具の上または軽いパーカ
・軽い防寒具
・ザック
・レジャーシート
・お弁当、おやつ、水筒(500mlのペットボトルが便利)
・タオル
はぜひお持ちください。
そのほか、あると役立つのは
・帽子
など

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)
主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2012年3月19日月曜日

漁船で行く!「江戸前・天然貝の潮干狩」募集開始。

一昨年実施したときの写真。今回利用する船種や場所とは異なります
ボクたち・私たちの海「東京湾」。
東京湾で日本一おいしい天然貝を採ろう!! 

豊かな海・東京湾と豊かな川・多摩川の魅力を再発見する絶好の機会!
多摩川が東京湾へと流れ込む河口部は、遠浅で生き物が豊かに育つ穴場です。
'12 422日(日)雨や強風など悪天の場合は中止
集 合:穴守稲荷駅 09:00(15時解散)
対 象:ごくカンタンな安全説明を理解できるひとならどなたでも。
活動地:大田区・多摩川河口付近
参加費:3,500円 採った貝はお持ち帰りいただけます。
定 員:20人(最少催行人員10人)、締切:4/19(木)
今年の活動の特長:
過去の潮干狩よりもワイルドな場所で行います。防寒・防風に注意してください。
貝の生育がよい場所で、アサリほかハマグリなど多様な食用貝が採れる可能性があります。
アサリの生育はよくありません。ハマグリ、青柳、マテ貝などが採れる可能性があります。

お持ち物 一枚脱ぎ着するとすぐに潮干狩ができるかっこうで集合して下さい。
雨具上下ウインドブレーカーのような上着(風と急な雨の恐れあり)
・水に濡れてよいかかとが固定できる履き物(クロックスや履き古しのスニーカーがよい)
・ぬれてもよい服装
着替え(上下をビニール袋に入れて持参)
・軍手(ほじくるときに手を切らないように)
・帽子(晴れると暑い)
・マイ椀とマイ箸(アサリ汁ハマグリ汁を用意します)→ゴミ削減にご協力を!
・手ぬぐいやハンドタオル
・レジャーシート
・紫外線対策(オトナの場合)
・飲み物500ml以上(活動地に自販機はありません)
・空きペットボトル(海水持ち帰り用)
→飲み物の空きボトルでもOK。貝の砂吐かせに使う海水用。
・お弁当
・てきとうなおやつ
・ネットやビニール袋
→貝持ち帰り用。使い古しのストッキングも利用できます。
活動の目的:多摩川河口と東京湾に親しもう!
主 催:NPO法人地球野外塾
ご協力:田村保様
前回の活動のようすもご覧ください♪ → クリック!

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)


主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

はじめての「かんたんでおいしい重ね煮料理教室」終了

さあ、はじめての料理教室がはじまりました。
この日の食材。
切った野菜を火にかける前にエールを送ります。みなさんの服装の色も春めいてきましたね。
地球野外塾はじめての料理教室が昨日終了しました。
定員いっぱいの10名様がお申込いただけましたが、やはりこの時期は体調不良でキャンセルがでて、7名のご参加者と3名のスタッフで進行しました。

また、成人女性のなかにひとり高校生の女の子がいらっしゃいましたが、彼女のお母さんが「行くわよ!」と誘い出してくださったということ。

会場となったのは戸塚地域センターの調理室。
この調理室はIHクッカーの大きさとそこに用意してある鍋の大きさが合っていないので調理に四苦八苦。
IHクッカーという最新の調理具なのに、無骨なバーナーを使うアウトドアでの調理よりも苦戦するとは思っていませんでした。

いちばん印象的だったのは、たとえばにんじんの先っちょや、根に当たる部分はふだんは廃棄してしまう部分なのですが、それらも細かく切って重ね煮のなかに入れることに、すべての参加者が驚いていたこと。
先っちょや根の部分は、野菜の成長点がある場所なので、食材として捨てるには惜しい部分なんです。

重ね煮というと「キャベツとひき肉の重ね煮のことかと思っていました」とおっしゃる方もいらっしゃったことから、まだ一般に広く普及していない調理方法であるかもしれません。

しかし、この料理教室で重ね煮の便利さと、野菜のすべての部位をできる限り使う料理方法の合理性に目覚めたあるご参加者さまからはさっそく「今晩は重ね煮にチャレンジしています」というメールをいただきました。

はじめて取り組んだ活動で課題は山積していますが、日常生活でも、またアウトドアでもどんどん活用できる重ね煮の便利さとヘルシーさを、これからも伝えてまいります。

【お知らせ】

次の「かんたんでおいしい重ね煮料理教室」は5月19日(土)を予定しています。
会場などが決まり次第、またブログアップします。
野菜をもっと食べたい、食生活を改善したい、てばやく栄養価が高い食事作りをしたい。
そんなみなさんのご参加をお待ちしています。

2012年3月18日日曜日

DAVOS横浜店で待ってます。

昨日は、桜木町駅そばのコレットマーレのなかにあるアウトドアショップ「DAVOS」のクライミングウォールを使わせていただいて、気軽な体験クライミングイベントをしてきました。

昨年からDAVOS様のご厚意によって不定期に行っているこのイベントは、今回3回め。
DAVOSの前を通りがかった方で、クライミングに興味ある子どもからオトナまでの「だれも」が気軽に体験でき、おとなは1回500円、こどもは200円で20分間自由に登ることができます。
私たちの活動をアピールできるよい機会でもあります。

昨日は、あいにくの雨。
私たちが現地についてから1時間は、人通りも少なく、だれも登る子がいませんでした。

 しかし、いったんだれかが登り出すと、それからは大盛況。
昨日は3歳から中学生くらいまでの26人が楽しんでいってくださいました。
ヘルメットを脱ぐと、だいたい汗にまみれた髪の毛がおでこにひっついていて、かわいいものです。

つぎは3月20日(祝)の13時から、同じように体験クライミングをDAVOSで行いますよ。
遊びに来てくださいね!

【お得な情報】
DAVOSが入っているコレットマーレはいま2周年記念セールの真っ最中!
DAVOS横浜店でも3月17日から20日までの4日間「全品」10%割引をしています。

全品ということは…
ふだんはぜったいどこでも割引していないあのブランド、このブランドの春物新作も割引対象!
おサイフの中身が気になるひとには朗報ですよね!




2012年3月12日月曜日

入笠山そり遊びハイク、無事終了!

入笠山山頂で風をよけながらひと休み!
昨日、入笠山そり遊びハイクが無事終了しました。

未明に起きるとファクスで1組のご家族からキャンセルの連絡が。
お子さんが熱を出した、とのこと。
とても残念でしたがお大事にされてくださいね。

長野県へと向かう中央線の車窓からは、遠くの山々が朝日に照らし出され、今日の好天を確信させてくれました。
でも、15時を過ぎると悪くなるという予報なので気は抜けません。

富士見駅でもう一組のご家族と合流して富士見パノラマリゾートに着くと、蓼科山から編笠山まで八ヶ岳連峰がずらりと見え、気持ちも高まります。

霧氷に覆われたきれいな樹林帯をくぐり、夏には湿地になる平原を抜け、ゆるい傾斜の開けた斜面にくると、昨日降ったばかりの新雪がいい感じで積もっていました。
 「ラッセルしてみます?」と冗談半分でいってみると、お父さんは嬉々としてさっそく雪のなかに突入。
息子さんもあとに続く……が!
胸くらいまで雪にはまって大苦戦。
おちかれさま!

この日の入笠山山頂は360度の大展望。
とはいっても風が冷たく吹きつけたので、準備をして、さっそくそりタイム。

傾斜が強い雪道はまるでリュージュのコースのようになって、S字状のタイトなカーブもヒップソリのまま通過。
スプレーあげて果敢にチャレンジ!
もちろんお父さんもチャレンジ! そして突っ込む。
男の子は、雪の側壁にぶつかった勢いで頭が逆さになってもこわがらず、そのまま笑いながら滑ってきます。道を逸れてもふわふわの雪なので安心。
そり遊びを喜ぶ子どもの声が木もれ日射し込む疎林のなかに響くと、あたりの風景がいっそう明るく感じました。

14時を過ぎる頃、天気予報どおり天候悪化の前兆が。
冷たい風が強く吹くようになり、太陽も隠れるようになってきたので、ゴンドラへと急ぎます。
「もうここまでくれば安心」という樹林帯のなかで、名残を惜しむかのように父子で雪まみれになって遊んでいました。

富士見駅からの帰路もごいっしょしていただけることになり、臨時快速で都心に向かう車中は余った行動食で「お菓子パーティー」。楽しい時間でした。

この日は、「あの日」からちょうど1年。
私たちは、1年前に地震が起きたその時間にはゴンドラのなかにいました。

「自分が遊びたいから息子を誘っている」と話してくれたお父さん。
山頂で風に飛ばされた小さなセロファン片を何10mもおっかけて回収しようとしたお父さん。

深雪のところを好んで歩いた息子さん。
雪がはいってぬれた長靴を「へいき」と履き続けた息子さん。

節目となるこの日、こんなおふたりとごいっしょできたことを感謝します。

2012年3月11日日曜日

日々アウトドア気分のシェアハウス「TENTMENT」


港区高輪にアウトドアライフをモチーフにしたシェアハウス「TENTMENT」ができました。
3/8に内覧会のお誘いを受けたので、行ってまいりました。

安田グループが企画・開発したシェアハウスです。
昨秋、私たちの活動案内パンフレットを神保町のアウトドアショップで見たご担当者から、このシェアハウスの企画にアドバイスがほしい、とご連絡をいただいて同社におうがかいした経緯があります。

古い社宅をリノベーションしたこのシェアハウスで特筆したいのは、広いキッチンとシームレスに広がるダイニングリビングスペース。

こんなところで、みんなでワイワイと料理を作りあったり、週末の計画を立てることができたら、ほんとうに楽しそう。

屋上にはウッドデッキのテントテラスが。
テントを張っても張らなくても、仲間どうしで星と夜景を眺めながら夏の夜風に吹かれるなんてのも、こころに深く思い出が刻まれそうですね。
 
シェアハウスという生活の選択肢は、自分たちの時代にはなかったと思いますが、使い方によっては人生が変わるかもしれません。

野外塾も、いつかあんな広いキッチンとダイニングリビングがあって、親子がわいわいとひきも切らず出入りしてもらえるような事務所をもちたいな。

2012年3月10日土曜日

「白山書房」訪問記

野外塾事務所にある白山書房発行の書籍の一部。
今日は、高校時代の先輩のご紹介で、登山関連の専門出版社で高尾にある白山書房の代表・箕浦登美雄さんを訪ねてきました。

白山書房の発行書籍には、古くからほんとうにお世話になっています。
たとえば「山スキールート図集」。
いまでこそ、山スキーのルートはいろんな媒体で紹介されていますが、いまから20年くらい前には、このルート集はまさにバイブルでした。
私もどんなにこの本のお世話になったか、わかりません。 

最近、おおいにインスパイアされたのは「ウォーターウォーキング」。
一般のひとがあこがれながらも実際にはとっつきにくい沢登りを噛み砕いて、沢歩きというレベルに敷居を低くしてくださったことは山歩きに新カテゴリーを拓く快挙です。

しかも、すべての書をご自身で編集して、さらにご自身でDTPで組版されているということ。
自分も過去10年間出版社に在籍していたことがあるのでDTPがとても便利なことはわかるのですが、すべての組版をおこなうということは並大抵のことではありません。

奥様がいれてくださったおいしいコーヒーを飲みながら、山の話をして、宝の山のような山書に囲まれた時間は、自分にとって至福のひとときでした。

山書ばんざい!
これからも白山書房から良書がどんどん出版されることを楽しみにしています!

2012年3月9日金曜日

世界遺産「熊野古道・雲取越キャンプ」募集開始

山中で出会う石仏はいまもなお厚い信仰の対象です。
百間ぐらからの眺め。どこまでも遠く紀伊の峰々が続きます。
ひとが少ない雲取越は、苔むした古道がよく残っています。
おかげさまで定員になりました。ありがとうございました。(4/23)

私たち日本人は古来、いくどもの災害や予期せぬことに脅かされながら生き存(ながら)えてきました。

千年の昔から明日知れぬ命のはかなさを知っていた人々が「再生の地」としてこころの支えとしたのが熊野本宮大社。
その熊野本宮大社を目指して紀伊の山中に細々と続く世界遺産・熊野古道は、自然と自分との関わりを見つめ直すのに絶好の地です。

なかでもとくに山中の苔や景色が美しく、険しいがゆえにひとが少ない雲取越(くもとりごえ)を、昔のひとと同じように那智大社から熊野本宮大社を目指して歩いてみませんか。

'12  5月2日(水)夜発~6日(日)4泊5日(うち1泊は車中泊)
行程概略 
5/2(水) 夜行バスで池袋発。
5/3(木・祝) 勝浦温泉着後、大門坂を経て那智大社、那智の滝へ。那智駅そばで泊。
5/4(金・祝) バスで那智山へ。大雲取越(約16km)を経て小口で泊。
5/5(土・祝) 小雲取越(約15km)で請川へ下り、渡瀬温泉で泊。
5/6(日) 熊野本宮大社参拝。新宮におりて速玉大社へ。東京駅で解散。
※悪天、参加者の体調不具合などの不可抗力による行程変更があり得ることをご了承ください。
雲取越の行程。クリックで拡大します。
●このキャンプの特長
  1. 熊野三山(本宮大社、那智大社、速玉大社)のすべてを訪ねます。
  2. 世界遺産・熊野古道のなかでも白眉といわれる大雲取越と小雲取越あわせて約30kmを続けて歩きます。
  3. 宿泊はテント泊または宿泊施設泊のどちらかを選べます。熊野は苦労するほどご利益も多いといわれていますのでがんばりたいひとはテント泊を、ゆっくり眠って安心して歩きたいひとは宿泊施設泊を選ぶことができます。キャンプに慣れていないひとでも安心してご参加いただけます。
  4. 食事は原則的に朝夕自炊、昼は弁当。必要に応じて外食を組み合わせます。
参加費:30,000円(行程中の食費を含む/自炊ほか7食)
 交通費/宿泊費別途。交通費(目安)と宿泊費は以下を参照してください。

交通費 以下の内容でおとな約30,000円、小学生約15,000円。
利用交通機関(首都圏発着の場合。カッコ内は大人料金、小学生は半額)予定
5/2 池袋〜勝浦温泉 高速バス(10,400)
5/3 勝浦温泉〜大門坂前 バス(410)
5/3 那智の滝前〜那智駅 バス(470)
5/4 那智駅〜那智山 バス(470) 
5/6 本宮〜新宮 バス(1,500)
新宮〜都区内 JR(15,920)
・宿泊費
宿泊方法はつぎのうちから選べます。いずれも毎日入浴可。
テント泊 料金2,500円(幕営料)
※寝袋など幕営に必要な個人装備はご自身で携行していただきます。
宿泊施設泊 料金10,500円(3ヶ所での素泊料金) 
(内訳:5/3・民宿3,000円、5/4・公営宿4,000円、5/5バンガロー3,500円)
対 象:およそ小学生3年生程度以上の方ならばどなたでも。おひとり、ご家族、仲間どうしなど自由です。
定 員:8人(最少催行人数6人)。スタッフ2名がつきます。
締 切:4/26(木)
こんな方におすすめです。
・熊野古道を本格的に歩いてみたいとあこがれていたひと。 
・深い自然のなかで静かに自分を見つめてみたいひと。
・熊野の魅力にたっぷりと触れてみたいひと。
集 合:5/2(水)21:00に池袋駅東口の高速バス発着所(時間厳守)
または初日の宿泊施設(JR那智駅至近)
解 散:5/6(日)14時新宮駅、20:01新横浜駅 20:16品川駅 20:23東京駅
活動の目的:自分の足を頼りに世界遺産・熊野古道の魅力を体験しよう。

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)

主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617


2012年3月8日木曜日

3.11 みなさんはどんな一日を過ごす予定ですか?

今日、フジテレビから電話をいただきました。
来る3月11日に動画を撮影してyoutubeにアップしてほしい、と。

当日撮影されたさまざまな動画を、後日リドリー・スコット氏らがまとめて、"Japan in a Day"というドキュメンタリーに仕上げるそうです。

興味深い取り組みだな、と思いました。

日本は、まだあの日の震災から立ち直りきれていません。
東京に住む私たちでさえ、あの災禍は「いまなおそこにある危機」のひとつ。

しかし、今年の3月11日、私たちは参加者をお連れして長野県・入笠山へ向かう予定です。
ご参加者が楽しい一日を過ごせるようにイメージして準備を進めています。
それが「あの日」から1年後の「その日」に私たちが担っている役割ですから、条件が合えばヒップソリを楽しむご家族の姿を動画に残してみたいな、と思っています。

あれから1年経つ当日、みなさんはそれぞれどんな一日を過ごされるのでしょうか。

ご興味があれば、みなさんも動画をアップしてみませんか。
どんな報道機関も実現することができない貴重な記録になるかもしれません。

JAPAN IN A DAY公式サイト → こちら

2012年3月5日月曜日

「かんたんでおいしい重ね煮料理教室」開催します。

切った野菜に手を当てると「あたたかさ」が伝わってきます。フシギ。

重ね煮(かさねに)ってごぞんじですか?

重ね煮は、切ったさまざまな食材を鍋のなかに層状に重ねて、そのまま水を加えずに蒸し煮にする一種の無水料理です。
そのヘルシーさと手軽さが受けて、いま、静かなブームになっています。

使う食材は野菜のほかに肉や魚を使うこともありますが、野外塾が今回みなさんにお伝えするのは野菜だけの重ね煮。

赤ちゃんの離乳食やお年寄りの介護食にまで応用できるので、ストックしておけば家族みんなで食べられます。

野外塾は「食べること」をとてもたいせつにしています。
食育の一環として、過去には重ね煮を食育活動に導入したり、キャンプに利用したりしていました。

そのなかでいくつかの確認するべき課題があったのですが、毎日のようにテストを繰り返すうちにそうした課題が解決できたので、このたび、みなさんに料理教室をつうじてこの調理方法の可能性をお伝えすることにしました。

野外塾の重ね煮料理教室は、実践的で直感的。
みなさんが日常で「かんたんにおいしくできる重ね煮」を作れることを第一の目標とした料理教室です。

12 3月18日(日)09:00-12:00
会 場:新宿区立戸塚地域センター5階調理室
西武新宿線・東京メトロ・JR山手線の高田馬場駅から徒歩3分。
東京都新宿区高田馬場2丁目18番1号
電話03-3209-8001
対 象:重ね煮を覚えたい人ならどなたでも(託児施設はありません。)
対象の補足:お子さんとご一緒や主婦の方をはじめ、独身の方や男性も歓迎。
参加費:4,000円(食材費と試食、お持ち帰り分の重ね煮を含む。)
定 員:10人(最少催行人数5人) 締切3/16(金)
お持物:エプロン、大判のハンカチやバンダナなど髪の毛の落下を防ぐことができる布、中くらいのジップロック(重ね煮お持ち帰り用)、筆記具
主 催:特定非営利活動法人地球野外塾

ごいっしょに新しい食生活をはじめてみませんか!?

野菜の重ね煮の特長
・調理がとってもかんたん。
・野菜本来の持ち味が最大限に引き出される。
・油も水も使わないので冷蔵庫で保存がきいてヘルシー。
・毎日のお料理の素材としてすばやく活用できる。

こんな方々におすすめできます!
・子どもがなかなか野菜を食べてくれない。
・なかなか野菜を食べる機会がない。
・毎日お料理することに疲れを感じる。
・お料理する時間を短縮したい。
・体調がよくない。
・ダイエットしたい。

<重ね煮を食べた方の感想>
・野菜が美味しく感じました。
・子どもが野菜好きになりました。
・子どもが自分で料理を作るようになりました。
・料理にプレッシャーを感じなくなりました。
・週に一度の仕込みで、食事作りがとても簡単になった。
・野菜をたくさん食べられるようになりました。
・体調が良くなった。
・野菜不足から解放されて精神的に安定した。

【お申込者用書類
 キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
お申込書
エクセル版(29KB)  
PDF版(32KB)


お問い合わせはお気軽に03-3785-4617  

2012年3月4日日曜日

「入笠山そり遊びハイク」急遽実施、無事終了!

青空のした、のびのびとした入笠山山頂に到着。
頂上直下からヒップソリが使えます!
帰路の林道を順調に滑り降りますが……
お〜っと! お父さんがお母さんへ追突! いいですねえ♪
これこれ! こういう感じをお見せしたかったのです。
木から下がるつららを取ってみる。こんな体験がこころに残るんですよね。
お父さんが投げた雪玉が当たってむくれる。ああ、平和。

週なかばまで、この日の天気は「曇りのち雨」。
金曜に悪天を予想して、この日の中止をお申込者全員に連絡しました。

意気消沈したのは私たちだけではありません。お申込いただいた方々も同じ。
未就学のお子さんを含むあるご家族は、この日に帰宅が遅くなることを考えて、翌月曜日まで長野にいる計画をたててくれていました。

昨日土曜日に下見をしたとき現地であまりに天気がよいので、天気予報を疑ってスタッフに連絡をしてみたところ、案の定、日曜の日中に晴れマークがでた、とのこと。

ぜひあの景色を見せてあげたくってこのご家族にダメモトで連絡をしてみたところ「行きたい!」とおっしゃってくれたので急遽ゲリラ的に実施しました。

一夜明けて、早朝の中央線からの景色はどんよりとした雲の下。
しかし、このご家族と合流して富士見パノラマリゾートのゴンドラに乗るときになると、青空が見え始めました。

あとはこのご家族が「雪山デビュー」を果たせるようにサポートするだけ。
2時間後には入笠山登頂と大展望を楽しんできただけました。

「360度の景色が見渡せたのでびっくりした!」という感想にはこちらがびっくり。
ごくふつうのことだと思っていたけれど、考えてみれば360度の展望がひらける山頂に立つというのも、非日常的な体験ですね。

帰路はヒップソリでびゅーんと下山。
昨日の下見のときよりも雪が締まっていて、よく滑りました。

自分の感想としては、ご参加者の「はじめての体験」を共有することができたことに、自分の仕事の役割をあらためて感じました。

平和でしあわせなひととき、ご参加者のみなさんがそんな時間を過ごせるよう、これからも最適なサポートをこころざしてまいります。

次は3月11日(日)に、入笠山そり遊びハイク実施します♪
みなさんもぜひ、2時間弱で登れる2000m級の雪山と、ワイルドなそり遊びを体験してみてくださいね♪

2012年3月3日土曜日

3月の山は神様のプレゼント/入笠山下見

こころも軽くなるカラマツ林
なんてきれいな! 言葉を失います。
広い斜面をのゆっくりと歩くところもあります。
四方を見渡せる入笠山山頂。
八ヶ岳がほんとにきれいでした。
 今週も週末は天気が悪いこととあきらめていましたが、それとはべつに下見はたいせつ。

好天に乗じて今日、活動予定地の積雪量と雪の状態を確認するために、青春18切符を使って入笠山を往復してきました。

結果は…、「最高」。

富士見パノラマリゾートのゴンドラ山頂駅からは「ノースノーシュー、ノーストック、ノークランポン」のツボ足で、さくっと登頂。

3月の山は、天気さえよければ、ほんとうに「神様のプレゼント」というくらいすばらしいものです。

カラマツに付いた霧氷のきらめき(ムヒョ〜って感じ)、八ヶ岳や甲斐駒ケ岳、中央アルプスの山並みを眼下に、わずか1時間くらいで標高約2000mの山頂に着くことができるなんて、夢のようです。

また、その山頂も決して「観光気分のなんちゃって」なんかじゃないんですよ。

しっかりと大自然のどまんなかにいることを実感できるのです。

帰りはびゅーんとヒップソリで、往路の半分くらいで帰着。

3/11(日)の入笠山そり遊びハイクはまだ承れます。
当日、神様のご機嫌がよいように、と願っています。

おまけ:朝の中央線車中から撮った甲斐駒ケ岳。威厳に満ちています。