2015年4月30日木曜日

親御さんに敬意!「三浦半島知られざる海岸線歩き」無事終了。

細長いプラ容器が「生き物観察に最適」だと知っていた男子。
網でじょうずに魚を捕まえていました。
やや雲が多い日だった4/29(水・祝)、13名様(うち7名が年長〜中2のお子さん)と2名のスタッフあわせて15名で「三浦半島・知られざる海岸線歩き」が無事終了しました。
さらに3名様のご参加ご希望いただけたのですけれど、活動環境との兼ね合いでご希望に沿えず、申し訳ございませんでした。

いつもは子どもたちが試行錯誤するようすが響いてくるのですが、この日はそれにも増して子どもたちにとことんつき合う親御さんたちの姿勢が心に残った日となりました。

出発直後、子どもたち自身が用意した生き物観察用のプラ容器や、自作釣り竿、ハンディな網などを見て感心させられました。
前夜のうちから想像力を働かせて準備を整えるのは見上げたものです。そうしたひと工夫が一日をより楽しく、有意義にする秘訣ですよ♪
無我夢中で潮溜まりで生き物探しする子どもたち。
親御さんたちはだれひとりとして「おい、もういくぞ」なんて冷や水かけたりせずに、とことんつき合う姿勢でいたので、さらに驚かされました。

親御さんたちの「やる気モード」の気迫さえ伝わってきた場面をいくつか紹介します。

朽ちた橋を渡る年長さんと、つき合うお母さん。 
率先垂範・子どもたちにお手本を見せるお母さん。
長さ10mくらいの朽ちた橋がかかる難所の通過では、危ないこの橋を渡る方法と、迂回路をたどる方法があります。
この橋は「道理をわきまえる」大人にとっては十分コワい。ヘマをすれば2mくらい下の不安定な磯に落ち、ケガは免れないとわかるからです。
しかし、年長の元気な男の子が橋を渡りたいというので、「えー、ほんとうに行くの?」といいながらもお母さんがつき合っていっしょに渡りきりました。
次に、小学生の女の子と男の子を連れた別のお母さんが、子どもたちを鼓舞するために率先してこの橋を渡るようすにも胸打たれました。
機を逃さずに娘さんの賞賛を得たお父さん。
別のお父さんは、潮溜まりで魚を捕まえたいという娘さんのリクエストに応えて、自前の小さな釣り竿でさっとハゼを釣り上げました。
これにも驚きました。よくぞこのタイミングで釣りあげるな、と。
満塁ホームランみたいですね。
娘さんの顔に「お父さんすごい!」という尊敬の表情が浮かんだのはもちろんのことです。
子どもの興味は尽きない。
それに徹底的につき合う姿には頭が下がります。
あるお母さんは、岩場に慣れていなくて遅れがちだった年長の男の子をじょうずに動機づけて最後までがんばらせていましたし、認知に特性がある男の子のお母さんは、彼の興味に合わせて終始ていねいにフォローされていました。
こうした地道なおつき合いにも、子どもたちの信頼はいや増すことでしょう。
子どもたちの好奇心と、それを見守る大人。
両方がそろって充実した「Big Day」になるんですね。
休日の一日、はじめて体験する自然環境のなかで、当意即妙に最適な対応をされるみなさんに、とても触発されました。
同時に、子育ては子どもとの真剣勝負、「鉄火場」なのだな、と改めて思い知らされました。
当日は全家族が過去の地球野外塾の活動にご参加いただけた方々でしたが、それぞれの新たな一面を垣間みることができた、かけがえのない日となりました。

後日ご参加いただいたお母様からメールをいただきました。
いやぁぁ。。。
朽ちた橋、、あんなに怖く感じるとは思いませんでした。なんででしょうねぇ。子どもと一緒だから?下を見てしまうから?
でも、息子が「渡りたい」と言ったのは嬉しかったんです。この先も息子に付き合える親でありたいと思ってます・・・頑張ります(汗)

活動翌日、息子は幼稚園で「海に行ってきました。たくさん歩いて、たくさん岩に登りました。」と発表し、先生や園児は不思議に思ったらしいのです。お迎え時に尋ねられました。
海へ行く=砂浜&幼児は岩場に行かない、という先入観なのかしら。。
リゾート感のない自然(?)と遊んでる幼児は少ないのかな、と少しズレを感じました。

他の親御さん同様、スタート地点の磯で楽しみすぎて先に進めないような子供たち(笑)の、興味や好奇心を大事にしてくださる地球野外塾スタッフだからこそ「子どもの笑顔」と「生きる力」を伸ばしていけるんだろうなと思っています。いつも安全に見守ってくださり、ありがとうございます。私も とても楽しいです。

ご参加者の皆様、ほんとうにありがとうございました。
また、ご興味を持たれた方は9月上旬に、この日と同じコースをたどる活動があります。ぜひご検討ください。

2015年4月28日火曜日

「知っておきたい親子山歩きの基本」は「だめよ、だめだめ」でしたが無事終了。

4/26(日)、さわやかな天気に恵まれて「知っておきたい親子山歩きの基本」がご参加者2名(うち小4の女の子1名)とスタッフ1名で無事終了しました。

この活動、ほんとにお伝えしたいことがいっぱいの、いかにもNPOらしい活動として満を持しての企画でしたが、ぜんぜん反響がなく、敗北感がありました。
まさに「だめよ、だめだめ」って感じ。
こんなことがあってもありのままに報告をあげることが、明日への一歩だと思います。
ほんとは恥ずかしいです。また、申し訳ないんです。

ご参加いただいたのは、野外塾の活動によくお越し頂けるご家族で、お母さんはホントに用意周到な方。娘さんは「山遊び」の楽しさから卒業して「山歩き」の楽しさに目覚めた伸び盛り♪
ふたりとも向上心あふれているうえに力量がわかるので、当初のプログラムを拡張して、予定から外れた尾根をそのままたどるという試行も交えて進行しました。
携帯電話で登山届を出すことができる埼玉県。
前夜は、ご自宅に残るお父さんへ「どこに、だれと行くのか」という控えを残していただくよう、控え作成の要点をまとめた資料をお送りしました。
過去にはご自宅にそうした控えを残していたらしいのですが、「どこに行くのか全然興味をもってもらえない」ということが重なって、いつしか怠るようになった、とおっしゃっていました。それもまた「だめよ、だめだめ」。
確かにご家族といえども山歩きに興味がない方は、どこに行くのか興味をもってくれないのは事実。
それでも! 山歩きの計画の控えはご家庭内に絶対に残すべき。
いざというときには、登山届よりもずっとずっと自分の捜索に役立つ可能性があります。
だって、ご家族ですもの。

当日は芦ケ久保駅を登山口とする二子山が活動地だったので、出発前に携帯電話からこの地域を管轄する埼玉県警が提供している電子登山届を出していただきました。
埼玉県警の電子登山届、シンプルで私は好感をもっています。

足場が悪いところこそ基本に忠実に。
ご参加いただいた母娘さんにとって、今回経験を積んでいただけたのは、前記の出発前の準備のほかに、次の3つでしょうか。
1 靴ずれ対処
娘さんがベルクロで留める短靴を履いてきましたが、靴下は膝下までのロングソックスでした。そのため、しだいにずり下がったロングソックスがかかと部で湿気を帯びて靴ずれを起こしました。いままではひも靴だったので、靴内の遊びが少なくて靴ずれにならなかったんでしょう。靴と靴下の相性は大切です。
靴ずれ初期はテーピング用のテープを貼ることで悪化が防げます。
2 落石の危険性にも注意を払うこと
兵の沢コースは登路の左側がもろい岩場になる場所があります。ちょっと立ち止まるにしても落石の危険が最少になるようなところを選んでほしいとお伝えしました。
登山中に頭上にも注意を払えるようになれば、中級かも。
3 不整地を歩くときこそ基本姿勢を守ること
二子山を越えたのちに、南東に入る甲仁田山を目指し、そこから南に伸びる尾根を下って林道に出ました。
踏み跡がわずかに残る尾根ですが、杉の植林のなかを歩くので、剪定したり朽ちたりした杉の葉が重なって足場が悪い。傾斜はそれほどないのに、こうした場所に入るだけでバランスを崩しやすくなります。ビビって腰がひけちゃうんです。
そうした場所こそ基本的な下りの姿勢を保持すれば滑りませんよ、とお伝えしました。

当初想定していたビギナーさんではなく、初級から中級になろうとしているご家族でしたから、当初に活動でお伝えしたいことはだいたいマスターされていました。

子連れ山歩きのポイントをお知りになりたい方はドキュメントを作りましたので無料でご提供します。お申しつけください。

もう少しやさしいところで、これからもこの活動を地道に続けます。
なぜならば、たくさんのビギナーさんたちに、先人の過ちを糧にして安全な山歩きをしていただきたいから!

ご参加いただいたおふたりに深く感謝申し上げます。

2015年4月24日金曜日

「日和田山菜の花ハイク」無事終了しました。


4/18(土)、好天に恵まれ、菜の花の盛りに奥武蔵・日和田山でのハイクが無事終了しました。
当日は2組のご家族4名様(うち2名が年長さんと小1の男の子)とスタッフ2名での活動となりました。
本活動は4/5(日)に予定していた「日和田山お花見ハイク」が雨天で流れたために急ぎ設定したのですが、2家族様がそれぞれご都合をあわせてくださいました。

日和田山は、南面に岩場をとおる男坂と、岩場をとおらない女坂、ふたつの山道があります。
今回は子どもたちの希望で往復とも男坂を使いました。


"山歩き" "ハイキング” ”登山”。
表現はなんでもいいけれど、山を歩くこと自体を目的とするのは、オトナの考え方なんではないかと思うのです。
オトナが山に行くのに子どもが付いてきてくれるのは"山遊び"がしたいから。
そのうち大きくなれば山歩きそのものが楽しくなるし、そうあってほしいけれど、小さなうちは山遊びの視点が抜けると子どもたちにはつまらない日になってしまうかも。

この日、子どもたちを見ていて一番「燃えていた」と思うのは、岩場を登り降りすることと、下山後に高麗川のほとりで浅瀬を渡ることでした。


その次に、地図読み。

子どもたち2人とも、とても方向感覚がよくて驚きました。
地図読みは「必ず、だれでも」上達します。
でも、はじめから方向感覚がいいか、または悪いか、はやっぱり個人差があります。
地図読みで一番基本になるのは「整置」です。整置を理解できて、地図上での現在地と目的地の関係が実際の地形と一致するとすぐに理解できるひとは方向感覚がよいです。
カラダを張って岩場や水辺でバランスをとろうとすることと、頭を使って地図読みすること。
バランスいいですね。


地球野外塾の山歩きは「山遊び」したい子どもたちにできるだけつき合いながら、制限時間のなかで安全に目的地にたどり着く。
その「さじ加減」こそが「腕のみせどころ」だなと考えています。

ご参加いただいたお母様から、活動終了後つぎのようなメールを頂きました(抜粋)。

(息子は)帰りの電車でウトウト。からだをめいっぱい使ったんだなぁとうれしいきもちでした。

帰宅してからも、
「たのしかったなぁ~」と何度も何度もしみじみとつぶやいていて、地図も何度も見返していました。

カラダも頭もたっぷり使う日、気持ちいいですよね。
次はみなさんもごいっしょにいかがですか。
少人数でアットホーム、知らず知らずの間に実力アップしていただけると思います。

ご参加者のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

2015年4月14日火曜日

「展望と山桜の尾根ハイク」無事終了。

城山への登りは桜の下を通ります。
今年はまだ少し早かったようです。
家内手作りの三色団子。
みなさんに召し上がっていただきました。
相模湖越しの富士山。
小仏峠の手前から。
景信山のお茶屋さんの山菜てんぷら。
揚げている間に思わぬ話がお聴きできます。
4/12、裏高尾の大垂水峠より景信山を経て明王峠から相模湖に下りるコースで「展望と山桜の尾根ハイク」を実施、1家族4名様(うち小2から小6のお子さん3名)とスタッフ1名あわせて5名で無事終了しました。

菜種梅雨でぐずついた週でしたが、この日だけポンと晴れてくれて大助かり。
大垂水峠でバスを降りた私たちは、もってきた地図でコースと留意点の確認をして、ここで降りたひとたちのドンジリで出発。
この日のご家族は全員昨年から野外塾の山歩きにご参加されていて、春から小2になった男の子も、お兄ちゃんたち同様に地図を粘り強く読み解けるようになって感心。
地図読みじょうずになるヒケツは、スタート地点からつねに現在地を追っていく練習をすることかもしれません。
地図上で現在地がわかりにくいダラリとした道でも、はじめから現在地を追いながら歩いていると、ちょっとした曲がり角の特徴でも地図の表記と実際の地形を照らし合わせられるようになります。

昼食後に景信山を出発するとき、堂所山までいくつアップダウンがあるのかを地図上でみんなで数えてから歩き出しました。
等高線が丸く閉じたピークや、行政区界と登山道の表記が重なりあってわかりにくいところもよーく解読。アップダウンは全部で9つだと数え上げ、ひとつひとつのアップダウンを数えながら進むと、本当に9つめの登りで堂所山の頂上に着きました。
小さな子たちにとっては、小さなアップダウンは意外に嫌気がさしやすいものですが、こうしてゲーム感覚で進むと、巻道を歩けば楽できるピークさえも果敢に登っていました。
子どもたちはモチベーションが続く限りは大人も驚くようながんばりを見せるものです。

おかあさんはコース上にお茶屋さんが多いことを楽しんでいました。
小仏峠のお茶屋さんをはじめとして、営業をやめてしまったところも多いのですが、城山と景信山の頂上は茶店の出し物も多く、にぎやかでウキウキします。
旧甲州街道の在りし日をほうふつする風情は、確かにこのコースの特長です。

富士山を遠望し、満開には少し早かった山桜に見守られながら、最近の野外塾のなかでは歩行距離が長い一日でした。
いざというとき、ひとは意外に冷静に「ことの成否」を心のなかで見積もるものです。
たとえば、なにかの理由で遠くから徒歩で自宅に帰る必要に迫られても「あのとき朝から夕方まで山道を歩けた」という経験は、きっと心理的なハードルを下げることに役立ちます。
この日、山のなかにいた7時間、子どもたちにとって大切なのは山歩きではなく「遊ぶこと」。
遊びのヒントを提案したり、子どもたちの興味にたっぷりとつき合ったりしながら最後にゴールにたどり着かせることが私たちの役割。
これからも、寄り道をたいせつにした山歩きをしていきます。

後日お母様からメールをいただきました。
あの日は本当にお天気もよく、終日気持ちよく歩けました。
長い道のりもところどころ景色が変わって面白く、たくさんの見所を巡れてとってもお得な感じがしました(^o^)
歩く感触も、ふかふかの土やぬかるんだ道、根っこが出ている道、緩急さまざまな段差・・・とバラエティに富んだ道を歩いたおかげでさまざまな感触が楽しめ、とても面白かったです。
地図で上り坂を数えたことも、実際その通りで楽しかったです。


お団子、とても美味しかったです!
綺麗な色でほんのり甘くて、山頂であんなおいしいお団子をいただけるとは思いませんでした。
ご馳走様でした!
駅に着いてからいただいたアイスも普段食べるのとは違う格別の美味しさでした。

私も子供達も、あんなにたくさん歩いたことなんてなかったので本当、自信がついた気がします。
長男もですが、たかしも最後は無口になりながらも黙々と先を歩いていたことにちょっとずつ成長が見えてきた気がしました。
楽しい一日をありがとうございました。

本当に長い距離を頑張って歩きましたね!
ご参加者のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

2015年4月8日水曜日

「イチから作ろう!ドラム缶風呂」募集開始。

【2015野外塾×協同村共催活動】
材料を運んで、川の水汲んで…
河原に作るドラム缶風呂は野性的。
風呂が沸けるまではマシュマロ焼いたり…
大人や女性も入れるようヨシズで目隠しも作ろう!
最高の「移動型露天風呂」作りを目指してみる?
'15 66(土)日帰り 悪天中止。 
前回のようすは → こちら。
おかげさまで定員に達しました(5/8)キャンセル待ち承れます。
'15 613(土)日帰り 悪天中止。 
 →実施日追加しました。(4/25)
あと2名様承れます。(6/5)

集 合:JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
 9:00発バスに乗車。時間厳守願います。
交通ご参考:
・JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、
 JR武蔵五日市8:48着。
ご注意:乗車時、何号車に乗ったかご確認ください。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら

解 散:JR武蔵五日市駅15時頃(予定)。
または協同村14時半頃(予定)。

対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員:10名様。最少催行人数6名様。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
参加費4,000円/人 (食材・保険込)+下記施設利用料
 施設利用料:
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料
※交通費別途実費
ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。
活動地:あきる野市・協同村
     042-596-0103
活動の目的:
・火の扱い方を身につける。
・野外での工作を体験する。

共 催:NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京

お申込用専用ページは → こちら
お問い合わせはお電話03-3785-4617

工程やお持ち物など詳細は ↓↓↓↓

「三浦半島・海岸線の難所歩き」募集開始。

【ライフジャケット普及活動】
半島最南の荒々しい海岸線沿いに歩きます。
地形の弱点を突いて踏破する楽しさ。ムズカしさ。
'15 517日(日)
日帰り 強風・悪天中止
おかげさまで定員に達しました(5/16)

繰り返し現れる岩礁と美しい砂浜。
スリルと自然美、磯の生物観察が一緒盛り
大潮なので水際の岩を伝いやすい日です。
参考:干潮9:55 0.1m/満潮16:40 1.5m
昨年のようすは → こちら
未就学児も楽しめるプランは → こちら

集 合:京急三浦海岸駅
 改札外正面・2番バス乗り場8:30
【交通のご参考
品川7:10発の特急三崎口行き乗車、8:19三浦海岸着。
駅構内または改札外でトイレをお済ませください。
このあと8:47発のバスに乗るため時間厳守願います。
バスは混み合う恐れがありますのでご注意下さい。
解 散:三浦海岸駅16時頃(予定)
対 象:小学校低学年くらいから大人までどなたでも。
定 員:8名様。 最少催行人数:4名様。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
 小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
参加費:5,500円/人(保険料込・交通費別)
 ライフジャケットご持参の方ご本人に限り1000円割引。
参考:
品川→三浦海岸片道860円
バス往復540円から560円(帰りのバス経路によって変わります)
小学生は上記の凡そ半額。
【お得なきっぷ情報】
三浦半島1dayきっぷ →当日、京急の主要駅自販機で購入できます。
「きっぷ」→「お得なきっぷ」(左列にあり)→「三浦半島1dayきっぷ」
京急と京急バスに乗れます。
バス代分がほぼまるまるお得になります。大人だけみたいです。
主 催:NPO法人地球野外塾
お申込用専用ページは → こちら
お問い合わせはお電話03-3785-4617

お持ち物ほか詳細は ↓↓↓↓

2015年4月7日火曜日

「日和田山・菜の花ハイク」募集開始。

登ってきた日和田山を望む菜の花畑。
里山も春一色。
奥武蔵の魅力を楽しめるコースです。
あと4名様承れます(4/13)
'15 418(土)   
日帰り・悪天中止
日和田山はちょっとした岩場があって子どもたちに人気。
山歩きをはじめたいどなたにもおすすめできます。
当日は菜の花を楽しめると予想していますが自然条件により状況は変わります。
あらかじめご了承ください。

集 合:
 西武池袋線高麗(こま)駅改札外09:05
【交通ご参考】
 西武池袋線・池袋駅8:05発快速急行長瀞行き乗車。
 乗換なしで8:58高麗駅着。
解 散:

 西武秩父線高麗駅15時頃
 参考:上り方面14:51、15:24発に乗車を目標。
対 象
 年長さんくらいから大人までどなたでも。
 4月に小4になるお子さん以上はひとり参加できます。
 大人の方だけの参加ももちろんできます。
参加費4,500円/人
 未就学児は3,500円/人
保険・お花見用のお菓子類含む。
※集合・解散地と自宅間の交通費別。
 参考:池袋ー高麗間大人片道530円
定 員:8名様(最少催行人数6名様)
活動の目的:
・日帰りハイクの基本を身につける。
・春ならではの自然を楽しむ。
活動地:埼玉県日高市日和田山周辺
主 催 NPO法人地球野外塾

お申込用専用ページは → こちら
 お問い合わせはお電話03-3785-4617

行程・お持ち物などの詳細↓↓↓

2015年4月6日月曜日

「谷川岳日帰り登山」募集開始。

残雪の谷川岳を日帰りで。
長い一日、気を張って楽しもう。
おかげさまで定員に達しました(5/9)
'15 510(日)   
日帰り・悪天中止
基本的には晴れそうなら実施。
お山のご機嫌がよいときを狙います。
ヘマできない所があるのでご注意を。

昨年のようすは → こちら
集 合:
谷川岳ベースプラザ6階きっぷ売り場前8:50
【交通ご参考】
上越新幹線・東京駅6:36発上毛高原駅7:53着
上毛高原駅外1番バス停8:00発谷川岳ロープウェイ行バス乗車8:45着
解 散:
谷川岳ベースプラザ16時頃。
【交通ご参考】
上毛高原駅行バス16:13、16:56発乗車を目標。
対 象
 小学校高学年くらいから大人までだれでも。
 大人だけの参加もできます。

定 員:5名様(最少催行人数3名様)

参加費7,500円/人(保険込)
活動の目的:
 日本屈指のスケールをもつ山に登る。
活動地:群馬県・谷川岳
主 催: NPO法人地球野外塾

お申込用専用ページは → こちら
 お問い合わせはお電話03-3785-4617

行程・お持ち物などの詳細↓↓↓

2015年4月5日日曜日

「知っておきたい親子山歩きの基本」募集開始。

事前準備と予防重視の初級実習。
子どもと山歩きしたい全ての方へ。
あと10名様承れます(4/6)
'15 426(日)   
日帰り・悪天中止
子どもにとって自然はでっかい「遊び場」。
準備と目配りで事故を予防しましょう。

奥武蔵の横瀬二子山で実習します。
集 合:
 西武秩父線・芦ケ久保駅改札外9:05
【交通ご参考】
 西武池袋線・池袋駅7:35発飯能行き乗車。
 飯能駅で西武秩父行きに乗換・9:03芦ケ久保駅着。
解 散:
 西武秩父線・芦ケ久保駅17時頃。
 参考:上り方面17:02、17:29発乗車を目標。
対 象
 家族や仲間と山歩きしたい初心者。
 小学校低学年くらいから大人までだれでも。
 大人だけの参加もできます。
 歩き慣れていない人はちょっとがんばって。
 リピーターの方にとっても新しい情報満載。
定 員:12名様(最少催行人数6名様)
参加費:5,000円/人
 高〜大学生3,500円、中学生以下2,500円(それぞれ保険込)
当日の内容:
【準備について
・場所選びの重要性
常備したい装備類
救急用品の中身
行き先を知らせる手段
天気情報の入手
地図の入手
ネットで入れる保険
【事故予防について
所要時間を割り出す方法
P.O.N.Rの考え方を使う
 →引き返す・エスケープ・急ぐ
 の判断に活用
エスケープルートを意識する
事故要因を単純化・意識する
子どもと山を歩く注意点
登り下りを安定させる歩き方
・マイクロレストで体力温存
道迷いを予防する小ワザ
山での食べ方
など。

活動の目的:
 すぐ活用できる事故予防策を学ぶ。
活動地:埼玉県横瀬町
主 催 NPO法人地球野外塾

お申込用専用ページは → こちら
 お問い合わせはお電話03-3785-4617

行程・お持ち物などの詳細↓↓↓