2016年9月24日土曜日

ひとり親ご家庭の体験補助「チーター割」ご利用ください。

「チーター割」ってなに?
ひとり親ご家庭を対象にした、おそらく日本初となる自然体験活動の参加費割引制度です。

この割引制度は昨年8月に開始しました。
2016年10/1のお申込以降は、次のように運用が一層シンプルになりました。
補助の対象となる方:
児童扶養手当を受給しているひとり親ご家庭の親権者と子ども全員。
補助の内容:
お申込時に2,000円/人(参加費が3,500円以下なら1,000円/人)の割引。
→活動取消料が発生した場合は割引された参加費を基に算出します。
ご利用方法:
お電話でのお申込では「チーター割で」とお伝えいただくだけ。
お申込フォームではチーター割ご希望欄にチェックを入れてください。
どちらの場合も児童扶養手当受給証明をご提出いただきます。
ご提出方法は受給証書を画像でメール送信またはファクスと簡単です。

募集中の活動は → こちら
今年度の活動一覧は → こちら

割引制度を設けた背景

地球野外塾では、ご参加者のうちおよそ1/6はお母様とお子さんのひとり親家庭。
創立以来、この比率はあんまり変わらないように感じます。
幾人かのお母様からおききできたご参加理由は「母親ではサポートしきれないような体験を子どもにさせる必要を感じて探していたところ、たまたま地球野外塾を見つけた」とおっしゃってました。
お母さんだけが親権者であるご家庭では、自分たちだけではサポートが難しい子どもの体験に、外的なてこ入れが必要だという課題意識が高いように見受けられます。

いっぽう、ひとり親ご家庭、とくにお母さんと子どものご家庭は、両親ご家庭に較べて所得が少なくなりがち。
「知識と体験(実践)は成長の両輪」なのですが、学校などで体験/実践の機会が時世とともに激減した状況下、体験や実践の機会には実費が伴わざるを得ません。
せめて私たちの体験活動になんらかの割引制度をご提案したいものだ、と折から考えていました。

「チーター割」の名称について

制度の運用方法と並行して制度にふさわしい名称を考えていたとき「チーターは母親だけで子育てをする」と知り、厳しい自然のなかで子どもを育てあげるチーターになぞらえてこの補助制度を「チーター割」としました。
日帰りでご家族の往復交通費になるくらいの割引額ですが、ひとりでも多くの方々にご利用いただきたいと願っております。

1年間の運営と今後

昨年6月、初めて挑んだソーシャルファンディングで得られた約20万円の原資で始めた「チーター割」。
現在はその原資はすっかり尽きましたが、1ヶ月当たり2〜5組のご家庭に対して本制度を適用し続けております。
そんななか、ときどきいただけるご寄付にはたいへん勇気づけられます。

子どもにとって体験がどのように結実するのか、を具体的に現すことはとてもむずかしいものです。
体験機会の量と年収の相関について言及した研究結果もありますが、サンプルが少なすぎて説得力が乏しいのが現実です。

私たちは「さまざまな体験をつうじて自分で判断・対処した経験が豊富な子どもたちは、体験の過程で試行錯誤しながら能動的に課題に対処する方法を身につけているので、自分なりの目標を作りながら生きていくことができます。また、その生き方に共感して集まった友人や仲間、配偶者と継続的な協力・共存関係を創り出せます」と予想しています。
この予想を行く先を見極め、この予想を現実にするためにも、地球野外塾はこれからも高品質な体験活動をご提案し続け、体験機会の平準化にできる限り取り組んでまいります。
みなさまからの応援をぜひよろしくお願い申し上げます。

2016年9月19日月曜日

親子で歩こう「地図にない道をゆく高川山ハイク」募集開始。

中央線沿線の名峰・高川山。
天気がよければ360°の大展望。
現在地を確認する習慣をつけよう。
雨天中止だった9/11と同コースです。

下見のときのようすは → こちら

'16 116日(日)日帰り 悪天中止  キャンセル待ち承れます(9/27)

活動地:山梨県大月市・高川山
最高到達点:高川山の標高976m
登り標高差680m、下り標高差790m
歩行距離8.3km
対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員10名。 最少催行人数:6名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
参加費5,500円/人・保険料込(交通費別途実費)

お申込ページはこちら

集 合:JR中央本線・初狩駅改札外9:00 時間厳守
(おすすめ)
JR中央線・新宿7:07発快速高尾行き乗車、8:01終点の高尾駅下車。
高尾駅で8:07発の普通甲府行きに乗換、8:52初狩着。
そのほか特急を使う、京王線を使う、などあります。

【お得な切符のご案内】
「休日お出かけパス」という切符があります。小人料金設定あります。
往路はそのパスが有効な大月駅と初狩駅までの差額200円が必要です。
高尾駅まで京王線を使う方法もあります。
解 散:大月駅・16時頃予定。
 (都内まで約1時間半から2時間。)

活動の目的:地図読みで着実に実力アップ。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子
防寒具ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
防風性がある薄いダウンジャケットなどが便利。
下着や中間着綿素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
昼食サンドウィッチやおにぎりなど。
何度かにわけて食べられるように工夫すること。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
レジャーシート家族やグループに1枚あれば便利。
緊急時には雨を避けたり体に巻いて保温できる。
地図印刷できます → こちら
主催者が用意しますが自分で印刷する経験は必ず役立ちます。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップでも可。
軍手または薄い手袋積極的に使います。手に合ったサイズを。
ヘッドライト
マッチまたはライター緊急時のたき火用。
折りたたみナイフイザというときに活路を拓くため。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。
折りたたみ傘雨模様のときにあれば快適。

お問い合わせはお電話 03-3785-4617

2016年9月18日日曜日

親子で登ろう「岩場を楽しむ日和田山ハイク」募集開始。

日当りよい日和田山で岩場を楽しもう。
楽しく・安全に・のんびりと。
日照があるときに限ります。
日和田山男坂の岩場は初心者でも楽しい。
すべての岩場には敬遠ルートもあります
慣れてきたらだんだんアクティブに楽しみましょう。

'16 1029日(土)悪天中止  キャンセル待ち承れます(9/20)

前回のようすは → こちら

対 象:年長さんくらいから大人までどなたでも。
定 員:8名様(または4ファミリー様)。
最少催行人数3名様
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
参加費:5,000円/人
【交通費ご参考
 池袋→高麗おとな片道540円
活動地:埼玉県日高市日和田山

標高差は登り下りともに200mです。
お申込ページはこちら

集 合:西武池袋線・高麗(こま)駅改札外9:05
交通のご参考:
西武池袋駅7:47発の急行・飯能行き乗車、飯能駅で乗換えて高麗駅9:02着。
高麗駅のお手洗いは改札の外です。
解 散:高麗駅15時頃(予定)

活動の目的:
・登山道で現れる岩場を安全に通過する練習をする。

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行をお勧め。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
ヘルメット
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを推奨。
防寒具ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上
昼食サンドウィッチやおにぎりなどなんでも!
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシートあれば便利。
サングラス晴れていたらオトナはあると便利かも。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
地図プリントは→ こちら
当日主催者がコピーを用意しますが、プリントしてみる経験は大切。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもかろうじて可。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話03-3785-4617

親子いっしょに「はじめての鉱石探し」募集開始。

心象イメージ写真です。
詳細はお伝えできないのですが…
鉱石に興味ある親子さんへ。
おおらかに採取を楽しんで
まずは探し出す感覚を呼び覚まそう。
'16 1030(日)キャンセル待ち承れます(9/27)
日帰り 悪天中止。 

活動地:神奈川県秦野市
 標高差200mくらい、4kmくらい歩きます。
 往復30分/2kmくらい歩きます。
 
対 象: 年長さんくらいから大人までどなたでも。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
  小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:1020名様。最少催行人数6名様。
モニター参加費3,000円/人(保険込) 交通費別途実費
 ヘルメット+安全ゴーグルを持参された本人は500円割引。
 活動後アンケートにご協力ください。
 チーター割は本活動では1,000円/人とさせていただきます。
 交通費参考:新宿発着で大人往復1340円。バス代400円くらい。


集 合:
小田急線・渋沢駅改札外10:10
交通ご参考:
小田急線・新宿駅8:41発急行小田原行き乗車、渋沢駅10:07着。
このあと10:27発のバスに乗ります。

解 散:小田急線・渋沢駅16時頃(予定)

活動の目的:
・鉱石採取をまず体験してみる。

下見報告:10/26実施。
小川が流れるそばの、石膏脈の中にお目当ての鉱石があります。
水を含んだ石膏はずぶずぶと靴が潜るのでおおいに汚れます。

汚れるとこんな感じになります。
活動地での汚れ落としは困難。
しかし、汚れは水溶性なのでご自宅での汚れ落としは楽です。

主な作業は、石膏脈から採った粘土を植木鉢の受け皿でパンニング。
パンニング←皿状の容器を用いたふるいの方法。

1パンニングのお試しで採れた鉱石。
きれいな8面体の結晶が採れる場合もあるようです。

持ち物
記号の意味:必携。楽しさを左右する重要な持ち物。あれば便利。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具100円ショップのものでもOK。
帽子黒っぽいものは蜂に狙われやすいので不可。
安全メガネ(ゴーグル)
100円ショップのものでもOK。
作業中の粉砕塵から目を守る。
ヘルメットとともに持参した本人は500円割引。
ヘルメット
転落や落下物から頭を守れる。
自転車用などなんでもよい。
とくに子どもたちには持参を推奨。
安全メガネとともに持参した本人は500円割引。
動きやすい服土や水で汚れてもよいもので肌露出ができる限り少なく。
着替え汚れたままで帰るのがイヤな人のみ。
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
長靴やクロックスで現地に来るのがイヤな人向け。
往復も長靴やクロックスですませちゃうと楽。
長靴または
クロックスのようなサンダル
ぜったい必要! 沢に浸かって石を洗います。
ないと遊べません。
長靴はスネくらいまでの長さが必要。
ないひとは積極的に水に入れるクロックスを。
かかとがとまらないサンダルは危険なので不可。
園芸用スコップまたは熊手家族に最少ひとつ。100円ショップのものでOK。
金属の丸いフルイ家族に最少ひとつ。100円ショップのものでOK。
植木鉢の受け皿
またはパンニング皿
家族に最少ひとつ。100円ショップのものでOK。
全員分あるとなおよし。
プラ製、7〜8号(直径20〜24cm程度/浅型がいい。
パンニングに使います。
ハンマー
家族に最少ひとつ。
ヘッドライト鉱石が光って見つけやすくなる。
虫メガネ(ルーペ)100円ショップのものでもOK。
ピンセット100円ショップのものでもOK。
小さな鉱石を確実にピックアップできる。
ウェスぼろ切れのこと。拭いたり、ぬぐったり。
炊事用ゴム手袋ないと水作業がつらい。
軍手炊事用ゴム手袋で代用してもよい。
濡らさないように使うなら便利。
いったん水に濡らすと使いにくくなる。
防寒着ジッパーやボタンで素早く脱着できること。
濡れてもあたたかいフリースが便利。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシート家族全員が座れる、荷物を置ける大きさと枚数を確保。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等何度かにわけても食べられるもの。
カップ麺も可。(必要な水は用意すること)
ビニール袋ジップロック大1以上(濡れたもの用)
小さなジップロック適宜(採取した鉱物保管用)

主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話03-3785-4617

2016年9月17日土曜日

親子でいっしょに♪「イチから作るドラム缶風呂」募集開始。

2016 地球野外塾 × 生活クラブ東京共催事業
秋の河原に手作り露天風呂。
目隠しも作るから女性のみなさんもぜひどうぞ♪
運搬、整地、バケツリレー、たき火…
野外テクを駆使するDIY系アウトドア。
お湯が沸くまではマシュマロ焼いたり、ね♪
'16 115(土)
あと4名様承れます(10/27)            
'16 1123(水・祝) 
キャンセル待ち承れます(10/9) 
各日とも日帰り 悪天中止。 

前回のようすは → こちら。

これ! 楽しいんです♪
活動地:あきる野市・協同村 
対 象: 小学生くらいから大人までどなたでも。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:10名様。最少催行人数6名様。
参加費4,400円/人(保険込)+下記施設利用料。
  施設利用料:
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料
※交通費別途実費
  ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。


集 合:
JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
交通ご参考:
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら

解 散:JR武蔵五日市駅16時頃(予定)。
または協同村15時半頃(予定)。
活動の目的:
・日常で養いにくいテクニックを体得・活用する。
・アウトドアを楽しむ方法に幅をつける。   

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具ねんのため。
100円ショップのものでもいいです。
火に強い衣服コットンやウール。
合繊は火の粉で穴が開きます。
エプロンあれば重宝します。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
あたたかい長袖ジッパーやボタンで素早く脱着できること。素材はウールなどがよい。
下着・中間着としてコットンが入ていない素材がよい。詳しくはこちら
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
バスタオルあれば便利だがかさばる。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシートドラム缶風呂の出入り時下に敷くなど。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
あれば楽しい軽食お菓子のほか、たき火で焼いて食べたいものなんでも。
主催者は焼いておいしいマシュマロとソーセージをご用意します。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等何度かにわけても食べられるもの。
クロックスの様なサンダルあればとっても便利。
ビニール袋ジップロック大1以上(濡れたもの用)
水着
ドラム缶風呂用。もちろん裸でもだいじょうぶ。
お父さん、お母さんもチャレンジしてくださいね!


共 催:NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京


お問い合わせはお電話03-3785-4617

2016年9月16日金曜日

爽秋の「三浦半島・知られざる海岸線歩き」募集開始。

【ライフジャケット普及活動】
三浦半島最南の静かな海岸線。
親子できれいな海辺を楽しめます。
コースの大半は広い岩礁。
小さなお子さんも楽しめる磯遊びコース。
この日は大きく潮が引くから
いろんな海の生き物たちに出会えますよ。
'16  1015日(土) キャンセル待ち承れます(9/30)
この日の干潮10:08 0.4m/満潮16:16 1.6m
強風時はコース変更・悪天時は中止
今年最後の磯遊び設定です。

前年同時期の活動のようすは → こちら

活動地:神奈川県三浦市
対 象:年長さんくらいから大人までどなたでも。
定 員:10名様。 最少催行人数:4名様。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
参加費:6,000円/人保険込・交通費別)
 ライフジャケットご持参のご本人に限り1000円割引。

集 合:京急三崎口駅改札外すぐ・2番バス乗り場8:50
ご参考
品川7:37発の快速特急三崎口行き乗車、8:46三崎口着。
お手洗いをすませてご出札ください。
9:02発のバスに乗るため時間厳守です。
バスは混みますのでお早めにご集合ください。
解 散:三浦海岸駅16時頃(予定)

【交通費ご参考
 品川→三崎口片道930円、三浦海岸→品川片道860円
 バス往復700円程度
(帰りのバス経路によって変わります)小学生は上記の凡そ半額。
【お得なきっぷ情報】
三浦半島1dayきっぷ →当日京急の自販機で購入できます。
「きっぷ」→「お得なきっぷ」(左列中にあり)→「三浦半島1dayきっぷ」
往復の京急乗車分くらいの料金でお求めでき、バス代がほぼまるまるお得になります。
本活動の注意点:
岩場での転倒は大けがにつながる恐れがあります。
肌の露出を最小限にしてください。
楽しく遊べるヒント:
子どもたちは天気がよければ海に入りたがります。
水着を用意するといいかもしれません。
生き物を観察する透明な虫かごやジップロックは便利です。
貝を観察するのには握りやすいマイナスドライバーが便利です。
活動の目的:
・水辺で安全に遊ぶ方法を体験する。

きれいな潮だまりは大人気。
いろんな生き物が棲んでます。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。携行をお勧め。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
ライフジャケット子どもは必須。おとなは任意。
持参されないお子さんにはお貸しします
ヘルメット子どもは必須。
万一お忘れになると活動にご参加できません。
自転車用などなんでもOK。
レンタルは致しておりません。
おとなは任意。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを推奨。
忘れると大けがの恐れあり。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
クロックスのようなサンダルウォーターシューズよりも疲れにくいのでおススメ。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
潮風に吹かれるのでぬれタオルも最高。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上
海辺は想像以上に喉が渇きます。
昼食サンドウィッチやおにぎりなどなんでも!
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート家族に1枚。全員が座れる大きさで。
サングラス大人は晴れていたらぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
地図1/25000地図は → こちら で印刷できます。
方位磁石(コンパス)コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもOK。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
緊急時用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。


主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617