2017年11月10日金曜日

遊んで防災『あそ防』はじめます。

災害時に「逃げられる子」を育てたい!
それがこの活動の大目標。

先の東日本大震災では地震の大きな揺れのなかを生き延びたのにもかかわらず、避難時に逃げ遅れた方がたくさんいらっしゃいました。
災害時は避難路ががデコボコになったり障害物で塞がれたりすることが考えられるうえ、気も動転します。

不整地をすばやく避難できるよう、日常でなかなか体験できなくなった次の10の動きを主に、子どもたちが遊びながら災害が来る前にじゅうぶん習熟できるよう、いつでも反復練習できるように公園を使って進行します(品川区公園課公園維持係に連絡済)。

1. バランスをとる
2. よじ登る・下る
3. 乗り越える
4. 乗り移る
5. 跳び越える
6. 飛び降りる
7. はいくぐる
8. すり抜ける
9. ロープを使う
10. 本気で走る 

【対象】
品川区内の3歳以上の未就学児さん。
1回当たりお子さん1名様〜15名様まで。
保護者さんがごいっしょに体験していただいてもOK。
【スタッフ】2名で進行します。

【活動場所】しながわ中央公園
最寄り駅:東急大井町線・下神明駅から徒歩3分。

【実施日と時間】
自由体験会
日時:11/22(水) 当日雨天の場合は11/23(木)
10時から12時終了のお好きな時間で。
場所:しながわ中央公園西側の遊具がある広場
クリックで拡大します。
お申込:予約などなしに、当日直接お越しいただいてもOKです。
ただ、人数とお子さんの年齢層を予め知ることができると最適プログラムをご提案できるのでご協力ください。
体験会 お申込協力フォームはこちら
第1期・本活動:
2017年11月から2018年2月まで。各回とも雨天中止。
以下の水曜日10:00〜11:00の1時間 × 全10回
2017年
11月11/29(水)
12月12/6(水)、12/13(水)、12/20(水)
2018年
1月1/10(水)、1/24(水)、1/31(水)
2月2/7(水)、2/14(水)、2/28(水))
10回のうちのご参加回数制限はありません。
 でも5回ぐらい参加すると効果が出ます。

【ご参加費】
お子さん1000円/回(保険料込)。
ご参加時にお申し受けします。
保護者の方はご不要です。

【お申込方法】
体験会にご参加された方:その場でお申込承ります。
体験会にご参加できない方:
yagaijuku@gmail.com または 03-3785-4617

・「遊んで防災(あそ防)参加ご希望」のご主旨
・お子さんのお名前と年齢
・ご連絡先電話番号
・ご参加できると思われる予定日
を教えてください。

【過去の同内容活動の実績】
品川区立ぷりすくーる西五反田様のオプション活動として2015年から現在まで、目的を同じにした活動で100名様以上のお子さんたちと無事故で活動を続けています。
活動の特性により擦り傷・打ち身などは負うことがあります。予めご理解いただいた上でご参加ください。

2017年10月31日火曜日

親子で作ろう! 泊まってみよう。「ホントに泊まれる基地作り」募集開始。


実際に使える基地
晩秋の一夜を乗り切ろう!
非常時役立つ実践体験。
初夏に大好評いただいた基地作り。
今回の基地作りの目標は…
「どうしたら(そこそこ)暖かく寝られるか?」
シートや段ボール、プチプチシートなど…
身近な素材を駆使して寒い季節の夜に備えよう!

'17 1125(土)26(日)10時
ぜんぜん反応がなかったので早めに中止(11/13)。
また暖かい季節に再設定致します。
1泊2日 悪天中止


活動地:あきる野市・協同村 
対 象:小3くらいから大人までどなたでも。
 集中して工作できるなら小1くらいでもOK。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:5家族(10名)様程度。
参加費:11,000円/人(2回の食材費・材料費・保険を含む。)
交通費と施設利用料は別途実費。
 ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。

施設利用料:1泊2日
一般生活クラブ東京組合員
小学生以上1000円800円
未就学児無料無料

活動内容
11/25(土)
協同村に到着後、基地作り開始。
15時までには作り上げたい。
日暮れまでは微調整。
基地ができたら薪とり・たき火
夕食作り。
希望者は温水シャワーあります。

11/26(日)
朝食作り。
朝食後に振り返り。
「一夜寝てみての感想と構造の改善点共有」

【サポート】
・どうしても寒い人にはバックアップの部屋を用意。
・夜間でも暖かい飲み物を用意。
・四六時中、たき火OK
・あたたまる夕食と元気出る朝食の食材を用意。
 (作るのはみなさんです。)

【当日こちらで用意するもの】
・大型シートやプチプチシート
・段ボール
・サバイバルシート
・ガムテープなどテープ類各種
・紐類各種
・カッターその他工作用品各種
・ペグ、ハンマーなど

お申込ページはこちら

集 合: 11/25 JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
または
協同村に直接9:15
(駐車場あります。600円/台>1泊2日分)

交通ご参考(武蔵五日市駅集合の場合):
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら
解 散:11/26 協同村10時(予定)。

活動の目的: 
一夜を過ごすための基地を自作し、実際に使ってみる。
持ち物
凡例:必携。あれば便利。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
ヘッドライト予備電池ヘッドライトは必ず新品電池を入れておくこと。
さらに予備電池も必要です。
なければ手持ちの懐中電灯でもOK
軍手必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子広いつばのものが便利。
黒っぽい色は蜂に狙われやすいので不可です。
11/25の昼食おにぎりやサンドイッチなど小分けで食べられるものを推奨。
熱いお湯を沸かせるのでカップ麺などでもOKです。
活動時の服装その日の温度によって適切なものを。
防寒具夜は冷えるかも。前日の天気予報を見て最終的に決めよう。
軽くてかさばらず暖かいダウンジャケットが便利。
寝袋や毛布がなく防寒具だけでごろんと寝ても死なない季節です。
あえて寝具なしでチャレンジするのもよい経験になります。
前ジッパーで素早く脱着できるといいですね。
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ハンカチ・ハンディタオル
タオル手ぬぐい大のもの。シャワーを使うときも便利。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
食器(樹脂製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
なるべく大きめのものが便利。大は小を兼ねます。
洗いもののコツは → こちら
トイレットペーパー1ロールの1/2程度。芯を抜いてビニール袋に入れて持参。
ビニール袋ゴミ袋大1(荷物整理に役立つ)
ジップロック大2以上
(調理やゴミ、ぬれた衣類を入れるなど)
工作用具ハサミやカッターなど自前のものを用意すれば作業が早い!
クレヨンや油性マジックなどは基地を楽しくアレンジできます。
レジャーシートあればなにかと便利。1人1枚。
大きいほど役立つかも。
折り畳み傘小雨のときに便利。基地作りにも利用できる。
マッチまたはライター
常用薬と絆創膏2枚
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
寝具毛布や寝袋など。
寝袋は便利だけど基地のデキが悪くても気づきにくい欠点あり。
チャレンジャーは毛布やエマージェンシーブランケットで!
マット銀マットなど。
既製のマットは楽だけど「基地のリアリティ」に欠けるかも。
チャレンジャーは…
古新聞紙(3朝刊分くらい/人)とゴミ袋(大)2~3枚
歯ブラシほか洗面用品
保険証コピー

共催:
NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京


お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

日帰りとツリーハウス泊が選べる「たき火キャンプ」募集開始。

たき火を焚こう。あかあかと。
たき火を使おう。活き活きと。 
「着火→火を育てる→使う」を
マッチ1本でできるのが目標。
日帰りもキャンプも楽しい!
キャンプはツリーハウス泊。
たき火そばで毛布にくるまり夜明かしもOK!
→意外によい経験♪
'17 1118(土)19(日)
各日日帰りまたは1泊2日・悪天中止

次の4プランからご選択できます。
1. 日帰りA 11/18の日帰り 
  あと4名様くらい承れます(11/1)
2. 泊まりA 11/18朝から翌19日朝までの1泊2日
  あと1組様くらい承れます(11/1)
→ 泊まりA・日帰りAともに18日悪天予報により設定とりやめ(11/16)。

以下のプランで引き続き募集中です。

1. 泊まりB 11/18夕から翌19日夕までの1泊2日
   あと1組様くらい承れます(11/1)
2. 日帰りB 11/19の日帰り 
   あと10名様承れます(11/4)
キャンプ中の入浴はドラム缶風呂のみになります。
   
対 象:年長さんくらいから大人までどなたでも。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:各プランともに5組様あるいは15名様くらい。
参加費:
日帰り6,000円/人(未就学児4,500円)施設利用料と1食、保険込
キャンプ12,500円/人(小学生11,500円・未就学児10,000円)
施設利用料と3食、保険込
※交通費別途実費
参考:(大人)池袋・芦ヶ久保間700円。芦ケ久保〜中井橋バス180円。
ともにPASMO使えます。
日帰りで東急・副都心線を経由するお得な切符として「東急西武線まるごときっぷ」があります。条件に当てはまる方はお得です。

日帰りプラン/キャンプですること:
活動地:埼玉県横瀬町
日帰りプラン
集合後、すぐに薪を集めます。
じゅうぶんな薪が集まったらグループ(ご家族)ごとにたき火。
なんでもお好みのものを焼いてみてください。
昼食の食材としてスープ・パン、サラダ・フルーツ(予定)は
こちらでご用意し、みなさんといっしょに作ります。
日帰りの方もツリーハウスを自由に使えます。
食事、休憩、コーヒータイムなど自由な発想で。
キャンプ
日が暮れきる前にドラム缶風呂を焚きます。
薪ストーブを焚きながら夕食の準備。
ツリーハウスまたはたき火そばでごろ寝で泊まることもできます。
(寝袋は持参はもちろん、レンタルもできます。)
たき火をしながらずっと起きていてもいいですよ。
翌朝はまずストーブに火を入れてお湯を沸かし、暖かい飲み物でスタート。
目が覚めたら、まず温かい飲み物を飲んで、ホッしてから朝食作りをしましょう。
晩秋の山の朝を楽しんでください。


集 合:時間厳守でお願いします。
 芦ヶ久保駅で下車後、長淵行きの西武バスに約5分乗ります。
芦ケ久保駅11:28発長渕行き西武バス乗車中井橋バス停下車(乗車約5分)
1.) 泊まりB 11/18の15:30 西武池袋線・芦ヶ久保(あしがくぼ)駅改札外集合
ご参考:池袋13:50発急行飯能行き乗車、飯能駅で乗換、15:24着。
芦ケ久保駅16:00発長渕行き西武バス乗車中井橋バス停下車(乗車約5分)
2.) 日帰りB 11/1911:00に駅改札着。
ご参考:池袋9:20発急行飯能行き乗車、飯能駅で乗換、10:52着。
11:28発のバスに乗車できるようバス停にご移動ください中井橋バス停下車
スタッフが中井橋バス停でお待ちしています。
【バス停ご案内】
クリックで拡大します。
解 散:活動地最寄り(徒歩8分)の「中井橋」バス停。
 路線バスに約5分乗ると西武線・芦ケ久保駅です

1.) 泊まりB 11/19の16:17
ご参考:芦ケ久保駅16:40快速急行池袋行き乗車、池袋18:10着。
2.) 日帰りB 11/19の16:17
ご参考:芦ケ久保駅16:40快速急行池袋行き乗車、池袋18:10着。

活動の目的:
・楽しく安全な火の扱いを身につける。
・火を利用して「暖まる、調理する、風呂を沸かす」3つの体験をする。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。泊まる人のみ必携
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具100円ショップのものでもいいです。
折り畳み傘も便利。
火に強い衣服コットンやウール素材がよい。
合繊は火の粉で穴が開いちゃうかも。
エプロン薪集めのときほか、なにかと重宝します。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
あたたかい長袖ジッパーやボタンで素早く脱着できること。
素材はウールなどがよい。
下着・中間着コットンが入った素材は極力避ける。
詳しくはこちら
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
ハンカチ・ハンディタオルなにかと便利。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシート
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
軽食ほかビスケットなどお菓子のほか、たき火で焼いて食べたいもの。
するめ、ソーセージ、お餅などなんでも。
マシュマロはこちらで用意します。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
食器(樹脂製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
フライパンや網など専用があるとなにかと便利。100円ショップもので十分。
トイレットペーパー1ロールの1/3程度。芯を抜いてビニール袋に入れて持参。
食器拭き取りを兼ねる。
ビニール袋ジップロック大1以上(ゴミ用)
洗面セット自分はいつも歯ブラシとタオルだけ。
水着ドラム缶風呂に入るのにはずかしい人はぜひ。裸でもOK。
夜のドラム缶風呂はスリル満点!
キャンプ中の入浴はドラム缶風呂のみになります。
サンダルドラム缶風呂に入る人は脱衣のときに便利です。
ヘッドライト
予備電池

寝袋または毛布活動地で寝袋を500円/人でレンタル可能。
銀マットまたはエアマット床が堅くて冷えるからあると便利。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
保険証コピー


主 催:NPO法人地球野外塾
ご協力:ふぉれすとキッズよこぜ様

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2017年10月29日日曜日

親子で作ろう、入ろう!「イチから作るドラム缶風呂」募集開始。

リヤカー、ネコ車、スコップ…
いつもオトナ任せ道具を
思う存分使い慣れるチャンス!
秋川を借景にする露天風呂は開放感満点。
運搬・整地・設置・バケツリレー・たき火…
安全な道具使いと段取りで河原に風呂作り。
お風呂が沸く間はマシュマロ焼いたり♪

目隠しも作ります。
女性のみなさんもぜひ。
'17 1111(土)
→ 中止(11/5)
'17 1123(木祝)
  あと6名承れます(11/20)
各日とも日帰り ・ 悪天中止。 

活動地:あきる野市・協同村
対 象: 小1くらいから大人までどなたでも
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小学4年生以上はおひとり参加できます。
定 員:各回10名様。最少催行人数4名様。
参加費交通費別途実費
4,400円/人(保険込)+下記施設利用料。
(かんたんな食材費・保険を含む。)
 施設利用料:
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料
※交通費別途実費
  ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。

ソーセージやマシュマロ焼いたり、
焼き芋作ったり。
せっかく焚いた火をたっぷり楽しもう。
ドラム缶風呂には
シアワセ感がいっぱい♪

集 合:
JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
または協同村に直接9:15
(協同村に駐車場あり: 300円/台)

【電車をご利用の方】
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
交通ご参考:
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら

解 散:JR武蔵五日市駅16時頃(予定)。
または協同村15時半頃(予定)。
活動の目的:
・アウトドアではよくある作業を安全に遂行する

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具ねんのため。
100円ショップのものでもいいです。
火に強い衣服コットンやウール。
合繊は火の粉で穴が開きます。
作業中は肌の露出をなるべく少なくしてください。
エプロンあれば重宝します。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
あたたかい長袖前日の天気予報を見て最終判断してください。
ジッパーやボタンで素早く脱着でき、素材はウールなどがよい。
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
クロックスの様なサンダルあればとっても便利。
自信があればこれ一足で自宅からの往復と活動をできる。
ただし靴との併用に較べてケガの危険が高まるので要注意。
バスタオルあれば便利だがかさばる。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシートドラム缶風呂の出入り時下に敷くなど。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
あれば楽しい軽食お菓子のほか、たき火で焼いて食べたいものなんでも。
主催者は焼いておいしいマシュマロとソーセージをご用意します。

飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等何度かにわけても食べられるもの。
ビニール袋ジップロック大1以上(濡れたもの用)
水着
ドラム缶風呂用。もちろん裸でもだいじょうぶ。
お父さん、お母さんもチャレンジ入浴してみて!


共 催:NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京


お問い合わせはお電話03-3785-4617

2017年10月25日水曜日

親子で錦秋の湖へ。 「相模湖・ワカサギ釣りとスワンボート」募集開始。

秋色あふれる相模湖。
ワカサギ釣り意外な穴場です
釣り※1に飽きたらスワンボート※2
漕ぐのに疲れたら釣り!
「静と動」で湖を楽しもう。
お昼は釣れた魚を揚げてワカサギ丼。
釣れなかったら… 食べられません(うそ)
※1釣りは当たりが出やすい固定桟橋上で行います。
※2スワンボート1艇4名まで乗れます。
小さい子はペダルに足が届かなくて漕げない場合があります。
その場合はボートにご家族と同乗することを楽しんでください。
'17 1112(日) 悪天中止
キャンセル待ち承ります(11/3)
→貸与する釣り竿数による制限です。
さらにご参加希望の方はご連絡下さい。
竿調達を模索してみます。 
対 象:年長さんから大人の方。ご家族やお仲間などどなたでも。
定 員:15名様。最少催行人数8名様
参加費:6,000円/人
勝手ながら本活動でのチーター割は1000円/人とさせていただきます。
予めご了承ください。
保険料、食材費、釣具貸出、スワンボート代込
ワカサギ丼、具だくさんのみそ汁、熱い飲み物各種をご用意。
もちろん作るのはみなさんです。
たくさん釣って目標にしよう:
阿寒湖畔「レストランきせん」名物のワカサギ丼
すごい盛り!

活動地:神奈川県相模原市相模湖

お申込ページはこちら

集 合:JR中央線・相模湖駅改札外7:40

交通ご参考:新宿駅発の場合
新宿駅6:29発 京王線特急・京王八王子行きに乗車、北野駅で対面の高尾山口行きに乗換、高尾駅で下車してJRに乗換(乗換時間9分)相模湖7:35着。
大人片道560円
解 散:相模湖畔・14時頃予定。
活動の目的
ご家族と一緒にいつもと違う方法で秋の自然を楽しもう。

持ち物 釣り道具は用意しますが釣り竿持参など個人のこだわりもOK。
記号の意味:必携。あれば便利。
注:下見の結果、携帯イスやレジャーシートは必携としました(11/6)
防寒具風を通さない素材の薄いダウンジャケットなど。
フリースなどは雨具を併用して風を防ぐ
前ジッパーですばやく脱着できるもの。
マフラーなどの併用もよし。
帽子耳まで覆える製品が温かい。
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ザック以下のものが入る大きさでコンパクトに。
タオルやハンディタオル水に触るので必携。
魚を触った手を拭く用と、汗拭き用で分けると快適。
携帯イスや携帯ざぶとん100円ショップにあったりします。
釣りする時に大いに便利。
ひざかけブランケットなどあれば釣り時に温かい。
手袋薄手で温かいもの。
100円ショップや薬屋さんにあることも。
軍手はぬれると使い勝手が悪くなるからお勧めしません。
調理用のゴム手袋も便利だと思います。
雨具100円ショップの製品でもよし。
上下で分かれている製品がよい。
ポンチョもいいけど、風があると下半身が寒い。
飲み物最少で500MLペットボトル1本。
現地でも入手可能。
ポットに温かい飲み物を入れてくるのもOK。
食器お椀状の容器2種、コップ、お箸あるとよし。
ワカサギ丼、具だくさんのみそ汁、熱い飲み物各種をご用意。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート家族やグループの荷物置き用に。
ジップロック様のビニール袋2枚くらい×家族分。
ワカサギ入れたり、濡れたもの入れたり万能。 
トイレットペーパーやティッシュペーパートイレットペーパーは芯を抜いてつぶし、ビニール袋に入れる。
おこぼれ拭いたり食器を拭いたりに役立ちます。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。
主 催:NPO法人地球野外塾
ご協力:勝瀬観光株式会社様

お問い合わせは 03-3785-4617