2017年5月17日水曜日

親子で「探検・三浦半島の知られざる海岸線」募集開始。



【ライフジャケット普及活動】
波と風に磨かれた海岸線。
地形の弱点を探して進む
ムズカしさと楽しさ♪
'17 527日(土)
日帰り 強風・悪天予報時は中止
あと2名様承れます(5/24)
危なげな岩礁と安心できる砂浜が繰り返し現れます。
慎重に進むうちに次々と豪快な自然美が展開。

参考:干潮11:33  -0.1m/満潮18:35 1.7m
昨年のようすは → こちら

本活動の注意点:
・行程に岩場が多く、転倒・転落を十分注意してください。
・フナムシが多いので苦手な方はじゅうぶんご検討ください。
対 象:小学校低学年くらいから大人までどなたでも。
定 員:10名様。 最少催行人数:4名様。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
 小4以上はおひとりで参加できます。
参加費:6,500円/人(保険料込・交通費別)
 ライフジャケットご持参の方ご本人に1000円割引します。


お申込ページはこちら

集 合:京急三浦海岸駅
 改札外正面・2番バス乗り場8:30
【交通のご参考
品川7:10発の特急三崎口行き乗車、8:19三浦海岸着。
駅構内または改札外でトイレをお済ませください。
このあと8:47発のバスに乗るため時間厳守願います。
バスは混み合う恐れがありますのでご注意下さい。
バス往復540円から560円(帰りのバス経路によって変わります)
小学生は上記の凡そ半額。
【お得なきっぷ情報】
三浦半島1dayきっぷ →当日京急に乗るとき主要駅自販機で購入できます。
「きっぷ」→「お得なきっぷ」(左列にあり)→「三浦半島1dayきっぷ」

解 散:三浦海岸駅16時頃(予定)品川→三浦海岸片道860円

「ここホントに歩けるの?」
だいじょうぶ。「見た目よりはカンタン。」
三浦の海はちょっと驚くほど、きれい。
岩場と小ビーチが次々に現れます。
活動地:神奈川県三浦市
活動の目的:
・ライフジャケットの安心感を体感する。
・自然な地形のなかで進路を見つける体験をする。

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(15Lくらい)
雨具上下(兼防風着)風よけを兼ねます。
ライフジャケット子どもは必携。おとなは任意。
持参されないお子さんにはお貸しします。
ヘルメット子どもは必携。
万一お忘れになると活動にご参加できません。
おとなは任意。あればよりよい。
軍手または手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
忘れるとケガの恐れ大。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
当日が好天予報ならば省けるかも。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
肌の露出部ができるだけ少なくなるように!
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ぬれる可能性100%。
クロックスのようなサンダル底のクッションがよいのでウォーターシューズより楽。
底ゴムがやわらかいから岩によく食いつく。
サイズが足に合っていることが重要。
積極的に水に入るといっそう安全。
家からずっと履き通すこともできます。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
潮風に吹かれるのでぬれタオルも最高。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上
海辺は想像以上に喉が渇きます。
昼食サンドウィッチやおにぎりなどなんでも!
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシートあればよいが省いてもだいじょうぶ。
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
地図こちら
1/25000地図名は三浦三崎
主催者がコピーを用意しますが持参する心構えは大切。
方位磁石(コンパス)コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでも可。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
万一暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617